かっぱの街へのお出かけ(その2)

昨日の続きです。


かっぱ橋商店街の店先には、色々なかっぱちゃんたちがいました。


ヤマダの家具店頭の看板 反対側にもかっぱちゃん


かまた刃研社のカッちゃんとパッくん 道具街の街灯


 
道具街90周年を記念して作られたかっぱ河太郎の像


歩き疲れたので、どこかで一休みすることにしました。


入ったのは、焼きたてワッフルと創作スペイン料理のWaffle Cafe Y & Bar de Espana La Y(ワッフルカフェ・ワイ・アンド・バルデ・エスパーニャ・ラ・ワイ)というお店でした。


ランチタイムも終わり近くで売り切れているものもあったので、まだ残っているセットメニューを頼みました。


セットメニューのサラダとスープ 真いかとこんがりキノコを添えたスープカレー


クロシビカマスと有機ルーコラのパルメザンチーズ風味スパゲッティ デザートのブラウニー


食後、道具街から脇道をしばらく入った所にあるかっぱ寺、曹源寺に行ってみました。


かっぱ寺・曹源寺 境内にいるかっぱのぎーちゃん


「かっぱ橋」は「河童橋」ではなく、本来「合羽橋」なのだそうです。


江戸時代、この辺りに住んでいた雨合羽商の合羽川太郎(合羽屋喜八)が、水はけの悪いこの地の排水のため私財を投じて掘割工事に取り掛かった際、かつて彼に助けられた隅田川の河童が手伝って工事が完成したとのこと。


境内には、かっぱを祀る小さなお堂があり、その中にはかっぱに関する色んなものが置かれていたのですが、生憎と中には入れなかったのでよく見ることは出来ませんでした。


後で分かったことですが、その中には「かっぱの手のミイラ」というものもあったようです。


再び道具街に戻ってお店を再び少し巡りました。



晴れてきたのでスカイツリーも良く見えるようになりました


中には食品サンプルのお店も何軒かあり、どれも大変混雑していました。


他には、3万円もするかき氷器だとか、立派過ぎる中華鍋だとか、喫茶店にあるような椅子だとか、電子表示式の看板だとか、とっても良く切れそうだけど高そうな包丁だとか、頑丈で使いやすそうだけどちょっぴりお高いワゴンだとかが売られていましたが、どれも我が家では持て余してしまうものばかりなので、結局この街で手に入れてきたのは、しあわせ価格のととろ昆布ふじっこレトルトカレー食品サンプルのキーホルダーセロハンテープで袋の口をとめる100円で売っていた便利グッズ、住所・氏名を用紙に記入してただでもらってきたココット皿セットでした。


関連記事


かっぱの街へのお出かけ(その1)


Comment

  • 2010/10/14 (Thu) 22:49
    カッパーマン - URL

    あの有名な、魚を抱えた、全身金色の河童像!
    「かっぱ橋商店街」へ出かけた、わんぱくくん、すごくうれしそうです。
    このイベントの関係でしょうか、先週、朝の情報番組で、
    かっぱ橋商店街が出たらしいのですが、見事に見逃しました。
    いつか、実際に行ってみたいところのひとつです。

  • 2010/10/15 (Fri) 14:54
    hashsh - URL

    v-476カッパーマンさん
    金ぴかで立派なお仲間の像に会えて、わんぱくくんも嬉しそうでした。
    前から行きたいと思いながらなかなか行けなかった街に、やっと行くことが出来ました。
    情報番組であの商店街がどう紹介されたのか、我が家も見たかったです。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する