目で見て感じて楽しめる場所へのお出かけ(その1)

平日の昨日、大家夫婦は都内にありながらも緑に囲まれたある場所へとお出かけしました。


目的地から少し離れた駐車場へ車を停め道路沿いの歩道を歩いていますと、まだ紅葉している木々がありました。



そろそろ紅葉も終わりです


駐車場から5分ほど歩いてたどり着いた今回の目的地は、三鷹の森ジブリ美術館でした。


ちなみに今回のお供は、かぴおくんぱんこちゃんです。



かぴお「ここどこかなあ?」
ぱんこ「おでかけひさしぶり~」


ニセモノの受付の中には

トトロがいました

その下にはまっくろくろすけがいました


入場者数を制限するためあらかじめローソンでチケットを買っておかなければならないジブリ美術館は、建物外側からの写真撮影は可能ですが、館内は撮影禁止です。


2001年の開館当初は館内も可能でしたが、写真撮影に夢中になる親御さんたちやファンが続出し、「目で見て体で感じて楽しんでほしい」という美術館建設の理念がないがしろにされる恐れが出てきたので、翌年から中止にしたそうです。


そんな館内は、小さならせん階段があったり、腰をかがめないと通れない出入り口があったり、空中回廊があったり、昔の古い洋館を思わせるような何だかあたたかい雰囲気に作られていました。


小さな子供たちに人気のスポット、ネコバスのいる部屋を通り過ぎて一度館内を出てから、らせん階段で屋上へと上りました。


そこには、『天空の城ラピュタ』に出てくるロボット兵がいました。



高さは3mくらいあるでしょうか



壊れた腕の所に乗ってみたかぴおくんとぱんこちゃん



どこか寂しげな背中



ラピュタ中枢部の石版もありました


再び館内に戻り、映像展示室・土星座で今年の11月から上映されている短編作品『パン種とタマゴ姫』を観ました。


魔法使いのバーバヤーガに召し使いにされたタマゴ姫が、突然生命を持ったパン種と共にバーバヤーガから逃げ出して・・・というお話です。


恐ろしい形相ながらもどこかユーモラスなバーバヤーガと、卵が洋服を着ただけの姿のかわいいタマゴ姫、くねくねでろんでろんと動くパン種が面白かったです。


その後、常設&企画展示室や「動きはじめの部屋」を見て回りました。


「動きはじめの部屋」は、絵が動くところを見たいと思った昔の人が考えた様々な方法が展示されていて、今見ても非常に新鮮なものがありました。


そうこうしている内にお昼を過ぎてしまったので、一息つくことにしました。


(次回へ続きます)


Comment

  • 2010/12/10 (Fri) 21:06
    がっぱあや - URL

    最近のジブリものにうとい私にはやっぱりあの
    ラピュタ中枢部の石版がたまらんです
    それにナウシカのメーヴェなんてあったくれたら
    すぐさま飛び乗り、風を読みフワッと去っていきたくなる事でしょう
    そして短編作品にはなんとパン種殿が登場とか
    これまたパン種好きの私にはたまらないお話かも!?
    (このパン種殿が何者かは判りかねますが・・・)
    でも、いくつになってもドキドキできる場所っていいですよね
    それだけジブリ作品が幅広い世代に愛されている証拠・・・ですねe-420

  • 2010/12/10 (Fri) 22:02
    hashsh - URL

    v-255がっぱあやさん
    ナウシカやラピュタは今でも根強い人気がありますね。
    どちらも既に20年以上前の作品とは思えません。
    ジブリ作品の空を飛んでいるシーンには、独特の飛翔感があって好きです。
    パン種さんは、最初白いアザラシのような形でしたが、それから人の形に変化していきました。
    作品中のパンは、がんばちゃんの作ったパンぐらいおいしそうに見えました。

  • 2010/12/10 (Fri) 22:19
    カッパーマン - URL

    事前予約しないと入れない、あの有名な場所に行かれたんですね。
    「となりのトトロ」を見たことがないという私に、
    オットは「日本人として信じられない!」と言い放ちましたが、
    「天空の城ラピュタ」は、オットが持っているDVDで見ました。
    青い空をバックに緑の中にいるロボット兵は、
    まるで、その世界が実在しているように見えますね。
    続きも楽しみです!

  • 2010/12/11 (Sat) 10:11
    まりもっち - URL

    カッパーマンさんのトトロを見たことが無いと言うのはびっくりです 何回もこれでもか!というくらいテレビで放映されてて・・・
    ここもきっとねずみーらんどと一緒で千佳が行きたいランキングに入ることでしょう。
    トトロのお腹で眠りたい・・・自分の腹はトトロの様ですが自分では寝れないので、千佳に体験させてます。気持ちが良さそうですe-351

  • 2010/12/11 (Sat) 10:49
    hashsh - URL

    v-255カッパーマンさん
    大家(妻)は「天空の城ラピュタ」をまだ見たことがありません。
    テレビでも何度も放送されているのに、なんだかんだで見る機会を逸しています。
    屋上のロボット兵は、本当に存在していてもおかしくないような雰囲気を醸し出していました。

    v-255まりもっちさん
    ナウシカ、ラピュタ、トトロは毎年のように交代で放送されていますね。
    大家(妻)は、なぜかラピュタの回だけ見逃してしまっています。
    千佳ちゃんは、きっとお目々をキラキラさせてネコバスとたわむれることでしょう。
    大家(妻)も、自らのお腹に間借り人たちをトトロのように乗せていることがあります。

  • 2010/12/13 (Mon) 12:16
    夫婦ともかっぱ - URL

    おお、ジブリの森!
    東京にいるうちに一度行きたかったです。
    ジブリの作品は、その時代時代で最高のクオリティを常に保っているのがすごいです。
    ちいちゃい二人が一生懸命楽しんでいるのが
    とってもかわいいです。
    時間がたつのを忘れてしまいそうですね。

  • 2010/12/14 (Tue) 09:52
    hashsh - URL

    v-255夫婦ともかっぱさん
    『崖の上のポニョ』では、デジタル全盛の時代にあえて手描きで作ったところもすごいと思いました。
    独特のタッチの絵柄が、雰囲気を出していますね。
    ちっちゃいふたりにとって、この美術館はまるで遊園地のような場所だったようです。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する