栗の入ったおいしいもの


うりくん「うふふふ」
うりじろうくん「おさんぽ~」
うりざぶろうくん「おにいたん、まって~」



うりくん「これなあに?」
うりじろうくん「どうしたのおにいたん?」
うりざぶろうくん「ぼくにもみせて~」


ころころとまあるいうり三兄弟がコタツの上で見付けたものは、銀座の和菓子店・かずや丹波栗あんよせでした。



大家(妻)の知り合いが手に入れたものを譲っていただきました


かずやは、日比谷シャンテ近くの雑居ビルの中にある和菓子店です。


東京宝塚劇場にもほど近いので、差し入れ用にここのお菓子を買っていく方もいるようです。


まだ年の若い店主が一人で切り盛りするお店のため、作る和菓子の数が限られていて、ほとんどの商品があらかじめ予約をしておかないと手に入れられないとのこと。


この丹波栗あんよせは、大家(妻)の知り合いが予約注文しておいたものを、善意で分けていただきました。



笹の葉に包まれています



包みを開けると、淡い色の羊羹が入っていました



吉野葛で練り上げられた餡の中に、京都丹波の栗が入っています


かずやの中で一番の人気商品は、という抹茶を使ったお菓子で、もっちりしたババロアのような食感とのこと。


さすがにそちらは大家(妻)の知り合いから分けていただくわけにはいきませんでしたが、既に3月分の予約もいっぱいらしく、今から予約しても手に入れられるのは4月以降になるようです。



栗の入ったお菓子を見つめるうりくんたち


ちなみに先日、我が家が日比谷公園にダ・ヴィンチ展を観に行った時に、件のかずやに直接行ってみようじゃないかとお店を探したのですが、なかなか見つけられませんでした。


住所のあるそれらしき小さな雑居ビルにおそるおそる入ってみたら、1階の廊下の奥に、壁で仕切られた小さな小さなお店があるのをやっと見つけました。


その日は2時過ぎにお店に着いたのですが、既に閉店していました。品物が売切れてしまったのでしょう。


開店直後に来ないと、当日買うのは無理かもしれません。


Comment

  • 2011/02/23 (Wed) 11:47
    まりもっち - URL

    うりくん達が温泉まんじゅうに見えてしまう・・・お腹が減りました・・・
    美味しそうですね 栗が入ってる羊羹なのですね
    あ~お腹すいたよ~~もうすぐ昼ごはんです。

  • 2011/02/23 (Wed) 14:18
    hashsh - URL

    v-530まりもっちさん
    うりくんたちはその体のお色のせいか、間借り人たちからおいしいものと間違われることがよくあります。
    この羊羹はその淡い色同様、味の方も甘さ控えめであっさりした感じでした。
    お昼ごはん、しっかり食べてくださいね~

  • 2011/02/25 (Fri) 15:09
    カッパーマン - URL

    うりくん、うりじろうくん、うりさぶろうくん!
    小さな体で、一生懸命、コタツにのぼってきましたね~。
    我が家も最近、昔ながらの製法で作られたという、
    高級和菓子を頂いたのですが、
    棒状のどら焼が、やはり、竹の皮に包まれていました。
    「注意:竹の皮は、食べられません」と書いてありました。

  • 2011/02/25 (Fri) 22:11
    hashsh - URL

    v-530カッパーマンさん
    コタツ布団と天板との段差を乗り越える時、うりざぶろうくんは危うく転がり落ちそうになっていました。
    棒状のどら焼きとは、また何やらおいしそうなお品ですね。
    いい香りで、竹の皮まで食べたくなってしまう方もいるのかもしれませんね。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する