だっふんだァなものとだいじょぶだァなもの

むかしむかしある所に、かぱじいさんがいました。



かぱじい「きゃはきゃは、ぼくおひげさんはえたの~」


コタツの上におやつを探しに来たかぱじいさんは、何やら見慣れぬものを見付けました。



かぱじい「これなあに?」



かぱじい「わってみる~きゃはは」


勾玉豆腐が入っていた竹筒のようにも見えるそれを、かぱじいさんが手に持っていた道具で割ってみると・・・



かぱじい「きみだあれ?」
たまごひめ「うふふふ、あたしたまごひめ」


中から現れたのは、たまごひめでした。



たまごひめ「それ、おみやげなの」
かぱじい「きゃはきゃは」


たまごひめが指し示す先を見てみると、白い紙袋に入ったものがありました。



大家(夫)の妹一家へのおみやげを買う時に、ついでに我が家用として買ったものです


袋の中に入っていたのは、東村山名物・だっふんだァどら焼きだいじょぶだァどら焼きでした。



それぞれ中身が違います。またどら焼き以外にはお饅頭も売っています



どら焼きの表面には、焼印が押されてあります



だっふんだァはうぐいす餡、だいじょぶだァは黒糖風味です


ちなみにこれらのお菓子を作っている餅萬という和菓子屋のご主人は、東村山出身の志村けんさんの学生時代の同級生とか。



かぱじい「きゃはきゃはおいちいもの~」
たまごひめ「あわてなくてもだいじょぶだぁ」


慌てておひげさんが取れてしまったかぱじいさんたまごひめは、仲良くどら焼きを食べましたとさ。


めでたしめでたし。


Comment

  • 2011/03/03 (Thu) 20:14
    まりもっち - URL

    あはは かぱじいさん・・・ 桃太郎とかいろいろ作って欲しいです。

  • 2011/03/03 (Thu) 21:21
    カッパーマン - URL
    かぱじい!

    かぱじいさんが竹を割ってみると、
    あらら、中から可愛らしいお姫様が!
    美味しそうなどら焼きのお土産つきで、いいですね。
    かぱじいさんも面白いけど、どら焼きの名前も面白いです!

  • 2011/03/04 (Fri) 14:09
    夫婦ともかっぱ - URL

    あはは!
    東村山って思わぬ名物があるのですね!
    だっふんだ!ってもう15年、いえ20年ぐらい前のギャグでしたっけ…。
    志村さんが健在な限り、どら焼きも健在なのでしょうね。
    たまごひめちゃん、お迎えがきてもどこにもいかないでね。

  • 2011/03/08 (Tue) 16:00
    hashsh - URL

    v-460まりもっちさん
    かぱきちくんは、おひげを生やしたかぱじいさんの姿が、結構気に入っていたようでした。
    違うかぱじいさんの役もやってみたいと思っているようです。

    v-460カッパーマンさん
    だっふんだァにはどら焼きと饅頭が、だいじょぶだァにはどら焼き、饅頭と最中があるようです。
    お菓子にこんな名前を付けようなんてよく思い付いたものです。
    名前は変ですが味はいたってオーソドックスなものでおいしかったです。

    v-460夫婦ともかっぱさん
    どら焼きのためにも、志村けんさんにはまだまだ頑張ってもらいたいものです。
    こんなお菓子を作っていますが、餅萬は1876年創業で、実は結構な老舗のようです。
    たとえお迎えが来ても、たまごひめはおいしいものがいつもコタツの上にある我が家に残ってくれるのではないかと思います。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する