修学旅行や遠足で有名な場所へのお出かけ(その1)

先週末我が家は、関東では修学旅行や遠足の目的地として有名な栃木県の日光方面へとお出かけいたしました。


今回のお供はうり三兄弟(うりくん、うりじろうくん、うりざぶろうくん)ぱれっと三兄弟(ぱれっとくん、ぱれっとちゃん、ぱれきちくん)でふ三兄弟(でふきちくん、でふこちゃん、でふにいたん)です。



みんな「おでかけ~」
「ひさしぶり~」
「てんきいいね~」
「たのしいね~」



みんな「ぼくたちうしろのせきにいるの」
「どこいくのかしら」
「たのしみだね」


朝食用としてあらかじめ買っておいて一緒に持ってきたチョコチップスナックパンやバタースティックパンを、休憩で立ち寄ったパーキングエリアで食べたはいいが、食べ過ぎてお腹が痛くなってしまい、トイレ休憩で大幅に時間をロスした後、昼過ぎなってようやく東北自動車道を降りました。


そのまま今日の主な目的である手焼きせんべいが出来る場所へ行くつもりだったのですが、途中で道路脇の看板を見つけたろまんちっく村という場所に興味を持ったため、急遽立ち寄ることにしました。


ろまんちっく村とは農産物直売所、レストラン、土産物屋、ビアガーデン、温泉施設、宿泊施設などがある体験型スローライフパークとのこと。



みんな「ひといない」
「さびしいね」
「おそとさむい」


この日は平日だったのと寒かったせいか、観光客は我々の他には何かの研修で来たらしい十数名のグループ以外にはほとんど見かけませんでした。


農産物直売所で地元野菜などを買い、敷地内にあった手焼きパンの店でくるみ入りのパンなどを買ったのですが、後に帰宅してからこのパンを食べた所、ほんのり甘くてくるみがたくさん入っていてとってもおいしかったです。


ろまんちっく村を後にしてしばらく国道を走ると、日光杉並木にさしかかりました。


今から400年ほど昔、東照宮への参道に当たる街道脇に植えられたようです

総延長は30キロ以上あるようです

杉並木脇からのぞむ栃木と福島の県境方面(たぶん)


杉並木を通り過ぎた後、花粉症の大家夫婦(特に大家(妻))がくしゃみをし始めた頃、名水の郷日光おかき工房に着きました。



観光バスのツアー客も乗り付ける結構大きな建物でした


ここでは予約なしで手焼きせんべい体験が出来ます。


普通サイズのせんべい生地10枚を焼くコースと、大きいサイズのせんべい生地1枚に手描きと手焼きが出来るコースがあったのですが、かっぱの絵をおせんべいに描いてみたい衝動に駆られている大家夫婦は後者にしてみました。


ちなみにこちらのコースは1枚150円としあわせ価格でした。


係の人に教えてもらいながら、金具に挟んだ生地の両面をまず軽く焼きます

神妙な面持ちで生地を見つめる大家(夫)

平らだった生地の表面が焼かれて少しふくらんだ所で、一度火から下ろします


生地の表面に筆を使って醤油で絵を描いた後、また火にかけます

最初は色が薄いですが、焼いている内に濃く浮かび上がってきました


再び火から下ろして、今度は裏面に醤油を塗ります

表の絵の色を濃くしたい場所には多めに、薄くしたい場所には薄く醤油を塗ります


神妙な面持ちで醤油を塗る大家(妻)

思ったように塗れないらしい大家(妻)

塗り終わってから再び火にかけると、いい焼き色が付いてきました



そしてこれが出来上がったおせんべいです


また、この日光おかき工房の2階に上がると、おせんべいやあられの製造工程の一部を見学することが出来ました。


1階では色々なおせんべいやあられが売っていて、それぞれ試食も出来たので、一通り食べてみてから何種類か買いました。


(次回へ続きます)


《関連記事》


かっぱのお顔が描いてあるおいしいもの


Comment

  • 2011/03/09 (Wed) 21:20
    まりもっち - URL

    ぱれっとくん達はおよふく着てないんだね。
    でふにいたんの髪の毛?が素敵です♪

  • 2011/03/09 (Wed) 22:00
    カッパーマン - URL

    おせんべいを取り囲んでいたメンバーは、
    そのまんま、お出かけをしてきたメンバーだったんですね。
    ぱれっと三兄弟と、うりくんたち、後姿が楽しそう!
    でふにいたんたち、大きい子も、
    自動車だと一緒に行けて、良いですね。
    可愛らしいかっぱちゃんのおせんべいが焼きあがる様子、
    こんがり焼けて、なかなか美味しそうです。

  • 2011/03/10 (Thu) 15:04
    hashsh - URL

    v-460まりもっちさん
    ぱれっとくんたちに合うお洋服がなかなか見つからなくて困っています。
    ハンカチでくるんであげようかとも思いましたが、体が小さいのでうまく納まりません。
    初めはどこか変だったでふにいたんの髪の毛(大家(妻)の服の襟飾り)も、だいぶ見慣れてきました。

    v-460カッパーマンさん
    おせんべいを取り囲んでいる写真は、今回泊まった宿の部屋のテーブルの上で撮りました。
    今回連れて行くメンバーで最初に決まったのが、体が大きくて普段なかなかお出かけ出来ないでふにいたんです。その他のメンバーは、気が付いたらいつの間にやら増えていました。
    自分で焼いたおせんべいですが、なかなかおいしかったです。塗ったタレがおいしかったせいもあるのでしょう。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する