ぷっちんすると落ちてくるもの

今日は、先月の大雪にも相当する雪が降ると天気予報では言っていましたが、我が家の辺りでは、大して積もることはありませんでした。


そんな中、我が家のうり三兄弟が集まり、上から落ちて来そうなものを見つめていました。


上から落ちてくると言っても、それは雪ではなさそうです。



うりくんたち「うふふふ」
「うふふふ」
「うふふふ」



うりくんたち「おちてきた~」
「ぷりんさん~」
「おやつ~」



それは、メグミルクのなめらかプリンでした


大家(夫)が風邪をひいて寝込んでいた時、栄養補給にと大家(妻)が買ってきてくれたものです。


今はスーパーで3個セットのが気軽に買えるプリンですが、大家夫婦が子供の頃は、プリンは現在よりも特別な存在だったような気がします。



うりくんたち「ぼくたちいろのがかかってる~」
「あまいかおりする~」
「うふふふ、おいしそう~」


容器の底のピンを折ると簡単に中身が取り出せるぷっちんプリンが発売された時は、本当に衝撃的でした。


単純なアイデアですが、これが発明されたおかげで、容器の中にプリンの一部が残ってしまうイライラが解消されたのですから。


Comment

  • 2013/02/08 (Fri) 00:24
    みみのスケ - URL

    あんまりひどく雪が降らなくてほんと良かったですね。
    ぷっちん!楽しいです。いつもぷっちん!するのワクワクしてましたよ、子供の頃。でもいまだに好きですが。底に美味しいからめるが残るのが本当にいやでしたもの。ほんとだ。うりくんとからめる色が、一緒ですね!

  • 2013/02/08 (Fri) 10:03
    hashsh - URL

    v-459みみのスケさん
    天気予報ではかなり降るようなことを言っていたので覚悟していましたが、思ったほどではなかったので良かったです。
    ぷっちんして落ちてくる様は、大人になった今でも見ていて面白いです。
    自分たち色のカラメルがかかっているので、うりくんたちは親近感を持ったようでした。

  • 2013/02/08 (Fri) 20:39
    がっぱあや - URL

    うふふ・・・こんな美味しいモノならいくらでも降ってくれてOKe-281
    目指せ、一面銀世界ならぬ、プリン色世界!
    そうそう、プッチンの原理を初めて知った時は幼心に
    衝撃を受けたものでした
    そして私も同じく(!?)、病気になった時などに食べられる
    特別食のひとつだったこちらのプリン
    そうだ、今だったら大人買い&大人食いも出来るかも!?

  • 2013/02/08 (Fri) 21:57
    カッパーマン - URL

    うりくんたち、大喜びですね!
    ぷるぷるしているプリンを見るだけで、
    なんだかワクワクして、元気が出てきそうです。
    かなり安いプリンもぷっちん式になってますが、
    なかなかツメが折れなかったり、折れても中身が出にくかったり、
    私が下手なのか、本家がきちんとしてるのか?謎です。

  • 2013/02/09 (Sat) 09:13
    hashsh - URL

    v-459がっぱあやさん
    発売された当初は、ぷっちんしたいがために親に買ってきてくれるよう頼みましたが、希望が叶えられることはありませんでした。
    プリンはまだまだ特別食という雰囲気がありましたね。

    v-459カッパーマンさん
    安いものの中には、爪がなかなか折れずに曲がるだけというものもありますね。
    せっかくのぷっちんなのに、あれは本当に残念な気持ちになります。
    本家はやはり一番しっかりしているような気がします。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する