熱いお湯が沸かせるもの

それは少々肌寒いある日のこと。



かぱきち「ちょとさむむい。ぷるぷるぷる」


はだかんぼさんのかぱきちくんが、コタツの上にお散歩にやってきました。



そこには、何やら尻尾のようなものが着いているものがあり・・・



更に上を見ると、難しい文字が書かれたボタンがいっぱいありました



かぱきち「きゃはきゃは、おふろあたかそう~」



それは、タイガーの電気まほうびん「とく子さん」でした


我が家が10年以上前から使っていた電気ポットも、最近はパッキンがへたったりしてだいぶくたびれてきたため、この度新しいものを購入しました。


今まで使っていたものは、水を入れて沸騰したら電気ヒーターで保温するタイプで、フタの真ん中を手で押して空気圧で給湯するエアー給湯方式でした。



これではありませんが、こういうタイプのポットです


今回購入したとく子さんは、電気ヒーター保温と電気が必要ない魔法瓶保温両方が出来、また給湯はエアー給湯と電気ポンプ給湯、どちらも可能なタイプです。



ヒーター保温と魔法瓶保温、どちらもそれぞれ省エネコースが選べます


ちなみに省エネコースにすると、水が沸騰する100度ではなく98度でヒーターを切るため、蒸気の量も抑えられるようです。


また通常コースのヒーター保温温度は98度、90度、80度の3種類が選択できますが、省エネコースではそれぞれ95度、85度、75度になるため、消費電力も抑えられます。


ヒーター保温ではなく魔法瓶保温にすると、沸騰した後は電気が切れ、その後は時間の経過と共に温度が下がる一方になります。


我が家で観察してみたところ、沸騰してから2時間後で90度くらい、5時間後でもまだ75度くらいありました。


エアー給湯も出来るので、電気のない所でもお湯を注ぐことが出来ます。



電気ポンプ給湯ではこのボタンを押します



エアー給湯ではフタのこの部分を押します


今まで使っていたエアー給湯のポットは、お湯を注ぐのに結構力がいったのですが、電気ポンプ給湯はボタンを軽くちょっと押せばいいので、かなり楽でした。



文明の利器を感じました



かぱきち「きゃはきゃは、おしりあたかい」


ただお湯を沸かして保温するだけの機械に、これほどの機能を満載する日本の家電製品は、なかなかすごいんじゃないのかなあと思いました。


Comment

  • 2013/02/27 (Wed) 20:28
    がっぱあや - URL

    いやぁ、まさに文明の利器ですね
    98℃に設定すると、ふむふむなるほど・・・
    100℃ではないのであの蒸気が抑えられるのですね
    確かにあのシュッシュが苦手だったのですが
    それの解決策もあるとは・・・うぅむ、天晴れe-420
    今や機械が色々と考えて、一番良い道を
    選択してくれているようなそんな時代になったのでしょうか
    それにしても、かぱきちくんの体サイズにピッタリの湯ぶね・・・否、ポット
    まずはかけ湯代わりのコップ浴で楽しみましょうねe-343

  • 2013/02/27 (Wed) 22:33
    まりもっち - URL

    あはは かぱきちくんはhashshさんちのアイドルですね♪
    うちも60度まで落とせるポット持ってます。千佳のミルク作りに重宝してましたが今は全く使いませんe-351
    専ら98度や95度を使っています。
    かぱきちくん、まだまださむむい日が続くからもすこしおよふく着てた方がいい気がするよ。

  • 2013/02/28 (Thu) 10:31
    hashsh - URL

    v-459がっぱあやさん
    更に上位機種になると、蒸気が出ないものもあるようです。
    今や炊飯器だけではなく、電気ポットも蒸気レスの時代になっているみたいです。
    間借り人たちのお風呂には、コップでしばらく冷ましてからの方がいいかもしれません。

    v-459まりもっちさん
    ミルク作りで重宝する60度も、お茶にするには少々ぬる過ぎるのですね。
    かぱきちくんは、せっかくお洋服を着ていても、動き回っている内に気が付くと脱げていることが時々あるので、もう少し注意した方がいいかもしれません。

  • 2013/02/28 (Thu) 15:22
    カッパーマン - URL

    エアー式のポットだと、シュホッ!シュホッ!と、
    いっしょうけんめい押す感じですが、新しいポットの、
    脇にあるこのグレーのボタンは、すごく押しやすそうですね。
    ほんとに、至れり尽くせりの機能があって、素晴らしいです!
    我が家は一時期、やかんで沸かして魔法瓶に入れてましたが、
    いつでも熱湯が使える電気ポットの便利さは捨てられず、
    結局、電気ポット、再登場となりました。
    おしりをあたためてるかぱきちくん、
    おちゃめな行動が、ほんとに心和みます。

  • 2013/03/01 (Fri) 10:40
    hashsh - URL

    v-459カッパーマンさん
    軽いタッチでお湯が出るので、暇さえあればお茶やコーヒーを淹れています。
    やかんの方がちゃんと沸いた気がしますね。
    我が家も昔、同じようなことをしたことがあるのですが、面倒なのですぐに止めてしまいました。
    しょっちゅうカップのお湯で温まることもできないので、かぱきちくんには素直にお洋服を着てもらうことにします。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する