おとふいっぱいたべてきたの

先週末のこと、我が家は年に一度の大家(夫)の両親、大家(夫)の妹一家との会食に臨みました。


今年の会食の場所は、とうふ屋うかい大和田店です。



とうふ屋うかい大和田店


このお店には青竹豆腐くみあげ豆腐などを買いに何度か訪れていますが、ここで食事をするのは今回が初めてです。


メニューには豆水コースと季節鍋コースの二つがありましたが、豆腐が名物のこのお店では、やはり豆水コース(九品)を選ぶことにしました。



一品目・胡麻とうふ


ねっとりもちもちした食感がおいしいです。



二品目・あげ炭火焼き


お好みでねぎ味噌、鰹節、茗荷などを付けていただきます。



三品目・季節の盛り合わせ(稚鮎しんびき揚げ、さより笹寿司、牛肉の旨煮、竹の子のうの花和へ)


こじんまりとした見た目が綺麗ですが、大家(夫)の甥たちは一口でどれもあっという間に食べてしまいました。


子供たちには、飾り付けなどどうでもいいことなのでしょう。



四品目・お造り二品


右側のお造りにかかっているのは、黄身醤油だそうです。



五品目・海老の天婦羅


オマール海老の天婦羅だそうです。



六品目・季節の焼肴


西京漬けの焼き魚でした。



七品目・くみあげとうふ


鍋に入った豆水とうふか、このくみあげとうふのどちらかが選べました。



八品目・筍御飯、赤だし、香の物


筍御飯は小さな蒸籠に入っています。



九品目・白玉ぜんざい


背の高い洒落た感じの器に入っていました。


ひとつひとつの料理は、一見見た目は少ないですが、九品目まで食べると結構お腹がいっぱいになってしまいました。


こうして、今年の会食も無事終えることが出来、大家(妻)もホッとしたようです。



うかいの庭では甘酒が振舞われていて、お客さんが自由に飲むことが出来ました


ちなみに今回のお供はぱれっとくんぱれっとちゃんぱれきちくんぱれっと三兄弟でしたが、会食の最中は我が家の車の中で待っていてもらいました。



みんな「うふふふ」
「おでかけ~」
「ひさしぶり~」



うかいでの食事は出来ませんでしたが、お出かけ出来ただけで嬉しいようです


そして、やはり今回も豆腐を買ってきてしまいました。



みんな「これなあに?」
「つつ~」
「おいしいもの?」


買ってきたのは、青竹豆腐です。



みんな「なかみすくない~」
「なぜかなあ?」
「おかしいね~」


中身が少なくなっているのは、帰宅後、早速この日の夕食に出して食べてしまったせいです。


Comment

  • 2013/03/18 (Mon) 21:33
    がっぱあや - URL

    大家(夫)さん一族の会食場所に選ばれしは
    豆腐料理のお店e-420
    コース仕立てのお料理は見た目も麗しく
    お話しにも花が咲いたことでしょう
    うふふ・・・大家(妻)さん、ちゃんとお豆腐のお味は堪能できたでしょうか~
    そんな中やっぱり気になるのはくみあげ豆腐
    見た目からその滑らかさが伝わってくるようです
    そしてぱれっと三兄弟ちゃん、青竹豆腐のお味はどうだった?
    そうだ・・・この青竹豆腐の摂取に励むと、さらにかっぱ色に磨きがかかるかもe-343

  • 2013/03/20 (Wed) 08:46
    hashsh - URL

    v-460がっぱあやさん
    以前は正月に大家(夫)の両親宅に集まっていたのですが、数年前から外での会食に変わりました。
    この方がお互い気を遣わずに済むのでいいのかもしれません。
    くみあげ豆腐は滑らかな食感で、大家(妻)も満足したようです。
    お店に入れなかった間借り人たちも、家でおいしいものを食べられたので喜んでいました。

  • 2013/03/22 (Fri) 15:59
    カッパーマン - URL

    ぱれっと三兄弟の、仲良く並んだ後ろ姿、後頭部とお皿が可愛いです。
    青竹の中身が減っていて、みんな、なぜだろう?と不思議そうですね。
    お豆腐関係はさすがですが、筍ご飯も美味しそうです!

  • 2013/03/23 (Sat) 08:13
    hashsh - URL

    v-460カッパーマンさん
    後ろから見たぱれっと三兄弟はみんなそっくりなので、誰が誰だか分かりません。
    前から見ると、お顔は少しずつ違うようです。
    青竹豆腐は、帰宅後大家(妻)が早速きゃはきゃはいいながら食べ始めてしまいました。
    今回のコースで、豆腐には色んな食べ方があるなあと思いました。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する