たくさんのろぼっとさんをみてきたの(その1)

先週末のこと、我が家はお台場にある東京ビッグサイトへとお出かけいたしました。


ここで11月6日から9日まで2013国際ロボット展という展示会が開催されていたので、それを見てきました。


ちなみに今回のお供はたまごひめちゃんです。



会場内の様子


国際ロボット展は、国内外の産業用・民生用ロボットや関連機器が一堂に集まった展示会です。


会場内は、主に産業用ロボットゾーンとサービス用ロボットゾーンの二つに分かれていて、産業用ロボットゾーンには、世界一のシェアを誇る日本の様々な産業用ロボットが展示・デモンストレーションされていました。



川崎重工業の車体塗装のデモンストレーション。大きなロボットアームが素早いスピードで正確に動いています



不二越のブース。デモンストレーションでは、ゴルフのパターを毎回正確に決めていました



世界最大の1.35tを自在に持ち運ぶことが出来るファナックの大ロボット



たまごひめ「ろぼっとさんいっぱい~」


最近話題の3Dプリンターのブース

3Dプリンターで製作されたもののサンプル



すごい速さで物を拾って並べているABBのロボット。疲れを見せずにいつまでも同じ仕事を黙って続けている様子を見ていると、何だか愛おしさのようなものを感じてきました


機械であるロボットにそんな印象を持ってしまうのは、大家夫婦が八百万の神々の国に住む人間だからでしょうか。


さて、会場には大家夫婦のような一般客も入ることが出来、中には子供連れの家族の姿やマニアっぽい人の姿もちらほら見かけましたが、やはり圧倒的にスーツ姿の業界関係者が多かったです。


(次回へ続きます)


Comment

  • 2013/11/11 (Mon) 20:25
    まりもっち - URL
    No title

    うちの職場でも段ボールに一生懸命商品を詰めてるロボットさんや、段ボールを丁寧に積み重ねるロボットさんがいますよ。
    でも私はアシモみたいな人型ロボットさんが好きです。
    アイボも好きかも。

  • 2013/11/13 (Wed) 08:46
    夫婦ともかっぱ - URL
    夢のロボット

    こんにちは!
    書き込みご無沙汰申し訳ありません。
    あのロボット展にいらしたのですね。
    世の中で行われているさまざまな注目イベントは、
    hashshさんのお宅の子どもたちが次々レポートしてくれるので、毎回とても楽しみです。
    特撮テレビドラマで見ていたことが次々現実になっていきますね。
    ロボットにも心が宿る日がもう来ているのかも。
    でも、かっぱお仲間の子どもたちには、とっくの昔から心が宿って、お話をしたり、文字を書いたりしているのですが。

  • 2013/11/13 (Wed) 17:59
    hashsh - URL
    No title

    v-478まりもっちさん
    今や日本の工場はロボットさんなしでは成り立たないと言っていいくらいに、様々なところで働いてくれていますね。
    アシモみたいな人型ロボットも、やがてお店などで人間の代わりに働くような日が来るのでしょうか。
    アイボで思い出しましたが、村上かつらさん作の「ラッキー」という犬型ロボットが出て来る漫画があるのですが、これがかなりの感動作です。けなげなラッキーがかわいくて哀しいです。

    v-478夫婦ともかっぱさん
    産業用ロボットが中心だったロボット界(?)にも、最近は人と対話するコミュニケーションロボットがじわじわと現れ始めました。
    人型ロボットが人間界で働く日も、それほど遠い日ではないのかもしれません。
    我が家の間借り人たちにも、かなり前から心が宿っているようです。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する