海の下と上を通ってのお出かけ(その1)

先週末のこと、我が家は車を使ってお出かけいたしました。


今回のお供は、さるきちくんさるにいたんさるねえたんまるきちくんらいぞうくんたいぞうくんです。



今回のお供の子たち


ちなみに、おすわりの子のらいぞうくんたいぞうくんまるきちくんは、我が家にやって来て以来、今回が初めてのお出かけです。


いつも渋滞している都心を何とか抜けて、東京都と神奈川県の境目辺りにまでやって来ました。



さるきち「とんねるはいる~」


そこから、地下に向かうトンネルに入ります。



そしてトンネルを抜けると・・・(GIFアニメです)



そこは東京湾アクアラインの海ほたるPAでした


東京湾を横断して東京都と千葉県を結ぶ東京湾アクアラインが、通常料金3000円のところETC利用で800円になる社会実験が5年前から行われているのですが、それが今年の3月31日で終了するので、その前に通ってみることにしたのです。


アクアラインは、15年以上前の開通当初に一度使ってみたことがあるのですが、4000円という高すぎる通行料に一度通ったらもういいかなという感じになってしまい、その後、少しずつ料金の値下げはされてもずっと使っていませんでした。


当時は、海ほたるPAは駐車待ちの車で大渋滞、中に入っても大混雑で満足に見て回る暇もありませんでしたが、今回はゆっくり見て回ることが出来ました。



さるきち「おひなさま~」


この時期に開催されている千葉県勝浦のビッグひな祭りから借りたというひな人形が、4階のスペースに飾られていました。



さるきち「てっどさん、たいへんそう~!」


日本で唯一のPA内にあるゲームセンター、アドアーズでは、UFOキャッチャーにTEDの人形がありましたが、首根っこを棒で押さえつけられていたり逆さまに吊られていたりして大変なことになっていました。


海ほたる4階より千葉県木更津方向を臨む

4階にある、去年リニューアルされたらしい幸せの鐘


海ほたるから千葉県木更津までは4.4キロほどの距離があり、全長4424mと海にかかる橋としては日本一長いアクアブリッジで結ばれています。


千葉県側は水深が浅くて大型船舶は通らないため、工費が安くて工期も短くて済む橋が採用されたようです。



海ほたる5階より東京都及び神奈川県方向を臨む


海ほたるから神奈川県川崎市までは、アクアトンネルという全長9.6キロほどの海底トンネルで結ばれています。


こちら側は羽田空港に離着陸する飛行機が近くを飛ぶので、大型船舶が下を通れるような大きな橋は作れないため、トンネルになったようです。


アクアトンネルの真ん中辺りの海上にある川﨑人工島(「風の塔」)。
トンネル内の換気を行ったり、事故や火災の際の避難場所になります

遠くに東京スカイツリーの姿が見えました

こちらには横浜ランドマークタワーの姿が見えました



海ほたるの1階部分の端に、何やら半月型の巨大なものがあります



それは、川﨑側の海底トンネルを掘った切削機械のカッターフェイスを復元したものでした


これは半月型をしていますが、実際のものは円型です。


その直径は14.14メートルあり、世界最大規模だそうです。



カッターフェイスのすり減った刃先を不思議そうに見つめるさるきちくん


その後、海ほたる内を再び見て回りました。


小腹が空いたので、中の売店で色々買って食べました

これは海鮮ハトシという、海老のすり身をパンで挟んで油で揚げたものです。
サクサクしていてなかなかおいしかったです


大体海ほたるを見て回ることが出来たので、木更津方向に向かいます。


ところで、これは後日知ったことですが、アクアラインの通行料800円の社会実験は、今後10年間継続することになったようです。


東京湾アクアライン通行料 800円、10年間継続へ
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO66836880U4A210C1L71000/


今度はアクアブリッジの上を走ります

車内で騒いでいる間借り人たち


さてこの後は、先ほどの海ほたる内にあったチラシに、千葉県袖ケ浦市にある東京ドイツ村ウインターイルミネーションのことが載っていたので、行ってみることにしました。


以前、テレビ番組で東京ドイツ村のことを知って以来、なぜ千葉なのに東京、しかもドイツなのか?という疑問を、大家夫婦がずっと持ち続けていたこともあります。


アクアラインからつながる有料道路を途中で下り、日が暮れて街灯もないような暗い道路を、こんな時間こんな山の中にわざわざ出かける人もいないのではないかと少々不安に思いながら進んでいくと、遠くの方に明かりが見えてきました。



想像していたよりも大規模なイルミネーションのようです



全体がイルミネーションに包まれています


お客さんも、思っていたよりも多く来ていました。



さるきち「きらきらきれい~」


サボテンがあったり白鳥があったり

色々なデザインがされているようです


観覧車に乗ってみることにしました

上からイルミネーションを見て喜んでいるさるきちくん


ジュークボックスやピラミッドの形の模様がありました

光のトンネルです


もはやドイツも何も関係ありませんが、イルミネーションはきれいです。


窓や通路の形から、何やらお顔のようにも見えます

階段の近くにマイクがあり大声で叫ぶと、その言葉が屋根にレーザー光線で自動的に投影されるようです。
言葉を識別できないと「おしえて」とか「ききとれない」とか表示されます


園内のBGMが突然、大音量の音楽に切り替わり、先ほどの屋根には「しゃぼんなう」の文字が投影されました

園内のあちこちにあるシャボン玉発生機から、ドライアイスの煙が中に詰まった白いシャボン玉が大量に飛ばされ始めました


大人も子供も、そのシャボン玉を割ってみようと必死です

さるきちくんを手に飛ばされてくるシャボン玉を待つ大家(妻)



夜空を舞う白いシャボン玉


この他には、自転車をこぐとシャボン玉が発生する機械、発電機のハンドルを手で回すと発生した電気で点灯するハート形のイルミネーション、鐘を鳴らすとそこから伝って園内の色んな所が光るイルミネーションなど、色々な工夫がされていて面白かったです。


ところで、ずっと疑問だった東京ドイツ村の由来ですが、社長さんがドイツ旅行に行った際、向こうの田園風景に感動し、帰国してからその風景に似た場所を探して開園したというのが、そもそもの始まりのようです。


なぜ「千葉ドイツ村」ではないのかは、もしかすると、同じ千葉県にあるねずみさんの夢の国に「東京」と付いているのと同じ理由かもしれません。


この日は、千葉県内で一泊する予定だったので、ドイツ村を後にして千葉県君津市内の宿にチェックインしました。



部屋で解放感にひたる間借り人たち



お布団に入って、今日の出来事を語り合う間借り人たち


(次回へ続きます)


Comment

  • 2014/03/05 (Wed) 21:18
    がっぱあや - URL
    No title

    アクアラインを通るだけで、数千円も持っていかれるとは・・・
    いったい、どんだけの工事費がかかっていたのでしょう
    でもそれが千円札からおつりが来るぐらいであれば
    せっかくのお出かけですし、奮発し甲斐もあるってもんですね
    (でも、その期間が延長されていたとは・・・ぴろーの皆ちゃん
    ずっこけちゃったりしたのではe-330
    それにしてもてっどさん・・・もうちょっとどうにかならないものでしょうか
    それとも、そういうキャラなのでしょうか
    う~ん、このままだと、ぴろー愛護団体からなにやら申し入れが来ちゃうかもe-268
    そして、この日のメインイベントにふさわしいドイツ村のイルミネーション!
    その色の鮮やかさにビックリ!!
    しかも、色々な仕掛けで大人も子供もぴろーも誰でも大喜び間違いナ~シe-281
    うふふ・・・お宿での皆の夢は、きっと眩しいものだったことでしょう・・・ねe-420

  • 2014/03/06 (Thu) 18:13
    まりもっち - URL
    No title

    皆でお出かけ楽しそう♪
    テッドさん、可哀想…縫いぐるみ愛護協会からクレーム来ますよ
    イルミネーションすっごく綺麗 観覧車乗りたいな

  • 2014/03/06 (Thu) 20:02
    カッパーマン - URL
    No title

    みんな楽しくお出かけした先、まずは「海ほたる」、
    海の中にあるというのが、なんとも不思議な感じがします。
    「テッド」は去年、映画を観に行きましたが、あの性格なので、
    この状態に、きっとさんざん悪態をついていそうです。
    首都圏外郭放水路にもシールドマシンが展示されてましたが、
    地面にペタッと置かれて、時計になってました。
    こうやって立体的に展示されてると迫力ありますね!
    イルミネーション、これは大規模で素晴らしいです。
    「しゃぼんなう」には笑ってしまいました。
    ホテルの部屋で「解放感にひたる」みんな、
    盛りだくさんの一日でしたネ。
    続きも楽しみにしています。

  • 2014/03/12 (Wed) 09:37
    hashsh - URL
    No title

    v-460がっぱあやさん
    この料金だと工事費回収するまでかなりの年月がかかりそうですが、開通当初の料金に比べたら現実的だと思いました。
    値下げの期間が延長されたのは、東京オリンピック開催が決定したことも関係しているかもしれません。
    東京来たついでに海ほたる渡ってみようという人もいるかもしれませんから。
    ドイツ村のイルミネーションは想像以上だったので、来てみて良かったと思いました。

    v-460まりもっちさん
    テッドさん以外にもミッキーさんのぬいぐるみなどがあったのですが、どれも首根っこ押さえつけられて逆さ吊りにされていました。
    まるでわざとそうしているようにも見えて、かえって何だかおかしくなってしまいました。
    観覧車はそれほど大きなものではなかったのですが、上からイルミネーションがきれいに見えました。

    v-460カッパーマンさん
    海ほたるは海の中にぽつんと浮かんでいる感じで、1階部分は海抜数メートルしかないので、今ここで津波が来たらどうなるのだろう?などと、不謹慎なことを考えてしまいました。
    シールドマシンですが、これだけ大きいものが回転しながら掘るんですから、大したものだと思いました。
    ドイツ村の文字のイルミネーションは、「しゃぼんなう」が始まる前に「99、98、97・・・」と少し長めのカウントダウンが表示されたりして、「ながっ!」と思わず言っているお客さんもいました。
    どことなくイルミネーションにユーモアがあって、面白かったです。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する