おひなさまがいっぱいな所へのお出かけ(その1)

先週末、我が家は車で埼玉県鴻巣市へとお出かけいたしました。


今回のお供はかぱねえたんかぱこちゃんかぱきちくんの三姉弟です。



かぱねえたん「うふふふ、おでかけ~」
かぱこ「くるまさんはやい~」
かぱきち「きゃはきゃは」



お外の様子を楽しそうに眺める間借り人たち


途中で道の駅いちごの里よしみに寄って一休みしました。


この道の駅がある埼玉県吉見町は県内有数のイチゴの産地で、周辺にはたくさんのイチゴ農家がありました。


いちごの里よしみの農産物直売所でもその吉見産のイチゴが売っていて、並べてあるイチゴがなくなると、次から次へと新しいイチゴがまた追加されていました。



売店でイチゴサンデーを買いました。地元産のイチゴシロップとイチゴが使われています



かぱねえたん「うふふふ、いちごさん~」
かぱこ「おいしそう~」
かぱきち「きゃはきゃは、おいちいもの~」



お昼だったので、農産物直売所で五目寿司も買って食べることにしました



かぱねえたん「うふふふ、こんどはおすしさん~」
かぱこ「こっちもおいしそう~」
かぱきち「きゃはきゃは、もっとたびる~」


さて、今回鴻巣市へ向かったのは、2月中旬から開催されていた鴻巣びっくりひなまつりを見に行くためでした。


期間中は市内各地で様々なひな飾りが飾られているようです。


ちなみに鴻巣では380年くらい前からひな人形作りが盛んで、今では全国一位のシェアを占めているようです。


まず最初にコスモスアリーナふきあげのひな飾りを見に行きましたが、そこへ向かう途中にある吹上団地内の道路を走っている時、奇妙なものを見付けました。



道路の上に鉄塔が立っています


がっちりとしたコンクリート製の基礎が道路上に作られ、その上に送電線の鉄塔が立っています。


今までこんなものは見たことなかったので、写真に撮りました。


さてそうこうしている内にコスモスアリーナふきあげに着きました。



総合運動施設のコスモスアリーナふきあげ



そのホール内に八角すい型のひな飾りがありました。天井までの高さがある十四段飾りです



折り紙などで作った手作りのひな飾りもありました


コスモスアリーナふきあげのひな飾りを見た次は、農産物やお花などを売っている鴻巣農産物直売所パンジーハウスのひな飾りを見に向かいました。



ピラミッド型のひな壇に400体以上のひな人形が飾られています



花で着飾った大きなひな人形もありました


パンジーハウスのひな飾りを見た後は、今回のメイン会場、鴻巣市役所のひな飾りを見に向かいます。


(次回へ続きます)


Comment

  • 2015/03/10 (Tue) 08:37
    がっぱあや - URL
    No title

    おぉっ、この三姉弟でお出かけとはお珍しいのでは~
    しかし、途中からいなり三姉弟に見えてきたということは秘密e-330
    そんな楽しい腹ごしらえが済んだら、いよいよ大本命の・・・
    ・・・の前におもしろ鉄塔が!
    何故に道路状に?あそこがまさにピンポイントだったのでしょうか!?
    そして見事な雛飾りの数々
    八角すい型のひな飾りやピラミッド型など見応えのあるものばかり
    うふふ・・・かぱきちくんもちゃっかり一員になってるしe-343
    それにしてもその場にいる大家(妻)さんの収集心がいかばかりに
    なっていたのかと思うと・・・あぁ、恐ろしや~e-274

  • 2015/03/10 (Tue) 19:53
    カッパーマン - URL
    No title

    おねえたんたちと一緒にお出かけのかぱきちくん、
    車の中でイチゴサンデーや五目寿司を食べさせてもらって、
    みんな本当にうれしそう!
    大きな一軒家でもない限り、7段飾りとか無理なので、
    お雛様はこうしてお出かけして見に行くのが良さそうですね。
    花で飾られたお雛様も本当に綺麗です。
    かつては各家庭で飾られていたのでしょうが、
    まさか自分たちがピラミッド飾りになろうとは、
    お雛様自身もびっくりしていることでしょう。

  • 2015/03/13 (Fri) 11:55
    hashsh - URL
    No title

    v-460がっぱあやさん
    かぱきちくんはいつもお出かけしていますが、かぱこちゃんとかぱねえたんがお出かけするのは久しぶりかもしれません。
    あの鉄塔は団地のエリア内にあるのですが、安全を確保するための広い敷地が団地内に作れなかったのかもしれないと思いました。
    鉄塔の下を潜り抜けるのは妙な気持ちです。
    この日、道の駅で小さなおひな様が売っているのを見付けた大家(妻)は、買うかどうか散々迷っていました。

    v-460カッパーマンさん
    三姉弟でピクニック気分でお出かけして、間借り人たちは楽しかったようです。
    昔のような大きなひな飾りを飾る家は少なくなっても、ひな飾りは形を変えてこれからも残っていくのかもしれないと思いました。
    花で飾られたおひな様の頭部分は、伝統工芸師の人形作家の方が作ったもので、使われている花はそれぞれ20種類以上あるようでした。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する