七年に一度のものへのお出かけ(その1)

先週末のこと、我が家は車でお出かけいたしました。


今回のお供は、さるたんひーちゃん、いつも大家(妻)の鞄の中にいるはんぺんくんかぱねっとかぱぱの社員たちです。


今回の主な目的は、数えで七年に一度、ご本尊のお姿が拝めるという善光寺の御開帳です。


まず、今夜の宿がある長野県に向かうため、関越自動車道から上信越道へと車を走らせました。



はんぺんくん「このこだあれ?」


はんぺんくんが見つめているのは、関越道上里SAで買った、地元のゆるキャラがデザインされたこむぎっち焼きです。



久しぶりの社員旅行でうきうき気分のかぱねっとの社員たち



さるたん「うふふふ、おでかけ~」
ひーちゃん「たのしいね~」


この日は宿に着くのが主な目的だったので、道中ではSAやPAにちょこちょこ立ち寄りました。



はんぺんくん「おまんじゅうおいしそう~」


上信越道佐久平PAで買った安養寺みそおやきです。


安養寺は信州味噌発祥の地と言われているそうです。



安養寺味噌仕立ての肉みそが中に入っています



はんぺんくん「こっちもおいしそう~」


同じく佐久平PAで買ったとろ~りチーズおやきです。



中にはたっぷりのチーズが入っていました



さるたん「うふふふ、おいしそう~」
ひーちゃん「ながいもさん~」



みんな「このながいのなあに?」
「ぼくにもみせて~」
「おいしそう~」
「こうばしいかおり~」
「ぼくもたべる~」
「あたしも~」


上信越道松代PAで買ったながいもフライです。


昭和40年代頃、松代産の長芋は全国シェア一位で生産量の6割を占めていたようです。


そうこうしている内に、今夜の宿がある長野県野沢温泉に到着しました。



この日の宿、湯宿・寿命延(じょんのび)


野沢温泉には、旅館内の温泉の他、地元の人たちが共同で管理している13軒の外湯があり、それには無料で入浴することが出来ます。


寿命延と道を隔てて斜め向かい側には、外湯のひとつである大湯がありました。



野沢温泉のシンボル・大湯


温泉に入る前に、夕食を食べることにしました。



部屋でくつろぐ間借り人たち


みんな「♪か~ぱねっとか~ぱねっと~、ゆめのかぱねっとかぱぱ~」



夕食は、地元産の山菜や川魚を使った創作和食料理です



さるたん「いちごさんたべる~」


夕食後、まず宿の温泉に入ってから、大湯に入りに行ってみました。


大家夫婦同様、夕食を済ませたらしい観光客や地元の人たちが、入れ代わり立ち代わり出入りしています。


大湯では、男湯と女湯がそれぞれ分かれていて、入口の戸を開けると浴室と脱衣所が一緒になっている大きなひとつの部屋になっていました。


浴室の床には埋め込まれた木製の湯船があり、洗い場の蛇口からは水だけが出るようになっていました。


石鹸やシャンプーなどの類は一切置いていないので、必要な人は持参するようです。


湯船は熱い湯とぬるい湯ふたつに分かれていましたが、熱い湯の方は結構熱かったので、つま先をちょっと入れただけで諦めました。


温泉街の外湯に入ったのは初めてだったのですが、なかなか興味深かったです。


今回は大湯だけしか入りませんでしたが、今度野沢温泉に泊まったら他の外湯にも行ってみようと思いました。


(次回へ続きます)


Comment

  • 2015/06/02 (Tue) 21:15
    がっぱあや - URL
    No title

    うふふ・・・なにやら業績上向きでの御褒美旅行なのかしらん
    かぱねっとかぱぱの社員さんたちe-343
    行き先は、信州・善光寺!
    なにはともあれまずは地元の名物料理を頂くことから始めないとe-281
    という訳で、早速登場のおやき!!
    私はやっぱりとろ~りチーズおやきが気になります
    あ、他ではなかなか食べることの無いながいもフライも美味しそうe-273
    そして到着したのは今宵のお宿
    なかなか風情のあるおやどで、かぱねっと社員さんたちもご機嫌ご機嫌
    きっと夜は大宴会に花が咲いたことでしょう
    酔って大浴場にドボンする子は・・・いなかったよね、さ~るたんe-249

  • 2015/06/03 (Wed) 19:59
    カッパーマン - URL
    No title

    待ってました!かぱねっとかぱぱの社員旅行。
    ながいもフライの香りに集まっているみんな、
    道中、美味しいものをつまむのも旅の楽しみですね。
    到着したのは長野県の湯沢温泉、
    広々したベッドの上で、思い思いにくつろぐみんな、
    一列で社歌を歌う姿が、本当に楽しそうです。
    旅の続きを楽しみにしながら、みんなぐっすり眠れたことでしょう。

  • 2015/06/05 (Fri) 09:56
    hashsh - URL
    No title

    v-463がっぱあやさん
    ぎょうせきってなんだかしらないけどたのしそうだからいく、これがかぱねっとの社則のようです。
    とろ~りチーズおやきは、大家(妻)も結構気に入ったようです。
    ながいもフライは、フライドポテトと違ってシャクシャクした歯応えがあるのが特徴でした。
    今回は、会員登録しているある旅行サイトで一人分の宿泊料金が無料になったため、御開帳のこともあり長野からほど近いこの宿にしてみました。
    もし温泉付きの部屋だったら、間借り人たちはきっとどぼんしていたことでしょう。

    v-463カッパーマンさん
    別に社員旅行しなくても、かぱねっとかぱぱの社員たちの頭の中は、いつものほほんと温泉気分のような気がします。
    高速道路のSAには地元のものが色々と売っていたりするので、その地の名物を知るには便利な場所かもしれません。
    我が家では狭すぎて一列になる機会がないかぱねっとの社員たちも、久しぶりにみんなで行進出来て楽しかったようです。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する