北からのおいしいもの

001
まめかぱ(兄)「これなんだろう?」


0021
まめかぱ(弟)「おにいたん、こっちにはかべがあるよ~」


コタツテーブルの上にやって来た小さなまめかぱ兄弟が、そこに立ちはだかる巨大なものを見付けました。


0031
それは、苺とハスカップのクリームタルトでした


スーパーでしあわせの半額シールが貼られていたので買って来たものです。


この製品、製造元は北海道のクレストジャパンという会社でした。


焼き菓子とかならともかく、北海道で作られたこのような生菓子が我が家の辺りのスーパーで売っているなんて、冷蔵技術や輸送方法が発達したおかげでしょうか。


0041
既に大家夫婦が半分食べてしまったので、反対側はこうなっています


005
苺とハスカップのソースがクリームタルトの上に乗っかっています


0061
まめかぱ(兄)「かべじゃなかった~」
まめかぱ(弟)「よかった~。おいしそう~」


タルト生地は思ったよりも軟らかかったので、食べる時には注意が必要です。


苺とハスカップによる甘酸っぱいソースがかかった、程よい甘さのクリームタルトでした。


Comment

  • 2015/08/12 (Wed) 20:55
    まりもっち - URL
    No title

    きゃはきゃはと言いながら寄ってくる可愛い子のあんよが見えます。
    あはは 半分食べちゃった大家さん・・・何かかわいく思えました

  • 2015/08/12 (Wed) 23:38
    カッパーマン - URL
    No title

    美味しそうなお山の向こうに、小さな頭が見え隠れ。
    まめかぱくん兄弟が、美味しいものを発見したようですね。
    苺とハスカップというのが、美味しそうです。
    なんとなく、暑い時は生菓子もちょっとだけ酸味がある方が美味しく食べられる気がします。
    まだ半分残ってる!かぱきちくんも、間に合って良かったです。

  • 2015/08/14 (Fri) 18:10
    がっぱあや - URL
    No title

    まめかぱ兄弟から見たら、さぞや美しき山の稜線に
    見えたことでしょう・・・
    ハスカップ色がうっすら夕日の色に見えたとか!?
    ハスカップものには目がない私、まめかぱ兄弟と一緒に
    その壁の向こう側にダイブしてみとうございますe-282
    しかしこれは、あのパブロのチーズタルトのように
    スプーンですくって食べるのが正解の
    フィリング柔らか系・・・これが今の時代の愛される形なのでしょうか
    まめかぱ兄弟くん、そのタルトの上に寝転がってみようか!
    きっと、じゃなくって絶対良い夢見れるはずだから~~~e-343

  • 2015/08/15 (Sat) 06:45
    hashsh - URL
    No title

    v-470まりもっちさん
    おいちいものの存在に敏感な子が、さっそくきゃはきゃはとやって来たようです。
    賞味期限は当日中だったので出来れば全部食べたかったのですが、それだと食べ過ぎなので、半分は翌日に回すことにしました。

    v-470カッパーマンさん
    小さい子たちにとっては、タルト生地も大きな壁になってしまうようです。
    暑い国のエスニック料理にも酸味があるものが多い気がします。
    暑さは酸味を求めるのでしょうか。

    v-470がっぱあやさん
    初めてハスカップというものの存在を知った時、その色や味からブルーベリーの一種なのかと思ってしまいました。
    このチーズケーキのタルト生地の食感は、ビスケットを細かく砕いたようなものに牛乳を少し加えて作る、市販のレアチーズケーキのセットを思い起こさせます。
    どんなものでも寝床になってしまうまめかぱ兄弟たちには、この世はしあわせなもので満ち溢れているように見えるかもしれません。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する