我が家のお正月(その2)

前回の続きです。

コタツの上の間借り人たちが声のした方を振り返ると、そこには普段見かけない子たちがいました。

201601080011.jpg
見かけない子たち「うふふふ」
「うふふふ」
「うふふふ」
みんな「あなたたちは?」
「あたらしいこ?」
「おさるさん~」

それは、シナダのっけておさるさんの子たちでした。

20160108002.jpg
ツムツムのような体形をしています

お正月休みに買い物に出かけたら、この子たちがお正月のディスプレイの一つとしてちょこんと飾られていたのをたまたま大家(妻)が見つけ、そのかわいらしさからきゃはきゃは言いながら連れ帰ってきました。

20160108004.jpg
体の長さは10センチくらいです

20160108003.jpg
しっぽがだらりんと垂れ下がっています

ちなみに、大家(妻)のカバンにいつももぐりこんでいるはんぺんくんも、同じシナダ出身です。

このおさるさんたちを調べようとシナダのサイトを見てみましたが、販売されてから日にちが経っているのか、どこにも載っていませんでした。

値段が半分になっていたのも、つまりはそういうことなのかもしれません。

201601080051.jpg
みんな「ころころしてる~」
「つみかさなってる~」
「かわいいね~」
「おなまえは?」
おさるさんたち「おなまえ?」
「なんのこと?」
「このかみなあに?」
みんな「ねんがじょう~」
「ぼくがかいたの~」
「きゃはきゃは、あたらしいおまなかふえた~」

新しいおさるさんたちは、早速他の子たちと仲良くなったようです。

まだ自分の名前を思い出せないようですが、その内思い出してくれることでしょう。

Comment

  • 2016/01/08 (Fri) 20:38
    まりもっち - URL

    ぴろのこは他のぬいぐるみさんとすぐに仲良しさんになれるから羨ましいです。
    大人になるとすぐにお友達ってすごく難しいんだ。
    大家さんちにくるとお友達が多いからか、びっくりして記憶喪失になる率高いですね。
    でもすぐに思い出すよね。
    このおさるさんたちもお友達が多いから幸せに暮らせますね。
    しっかしながきちくんのペンケースは渋いですね。およふくとおそろってのもいい感じです。
    みんなのセリフでかぱきちくんのせりふがすぐに分かってしまう私ってかぱきちくんファンなんでしょうか?
    どうでもいいことですが、コメントを投稿する時にPRの所に出てくるかっぱさんがものすごく気になっています。

  • 2016/01/09 (Sat) 20:50
    カッパーマン - URL

    フモフモさんを出してるシナダ、はんぺんくんもシナダ製だったんですね。
    「のっけておさるさん」、なんとなく控えめな表情がいじらしいです。
    ほんのりほっぺが赤いところもたまりません。
    そういえば一昨年ビックカメラに行った時、
    ひつじのぬいぐるみがいっぱい積んでありました。
    おさるさんたち、お値下げ品になってますが、
    3匹そろって大家さんの所へ連れてきてもらえて、みんな、良かったネ!

    まりもっちさんが書かれている、PR欄に出てくるかっぱさん、
    すごく可愛くて私も画像保存してしまいました。

  • 2016/01/11 (Mon) 22:48
    がっぱあや - URL

    あいや・・・一瞬、うり三兄弟の進化系バージョンかと思いきや
    これはこれは冨士額が美しいおさるちゃんたちe-249
    大家さんちの一員となれば、そこからのぴろー生、
    バラ色も保障されたも同然だから~e-402
    このつぶらな瞳の優しい顔立ちは、フリッカ一族と一緒
    あっという間にお仲間になったのも、自然の流れというものですね

    そうだそうだ、私もドッキリしてしまったあのPR欄のかっぱさん
    これはここがかっぱのかほりがするということで登場なのでしょうか
    (カッパーマンさんの所でも会いました!)
    あんなにかわいいかっぱちゃんに誘われると、ついついついて行きたくなる・・・

  • 2016/01/13 (Wed) 15:01
    hashsh - URL

    v-457まりもっちさん
    間借り人たちは警戒心が全くないので、どんな子ともすぐに仲良くなれるようです。
    大人になってから考えてみると、一度にたくさんの人間と強制的に長い時間を共に過ごす学校というシステムは、知り合いを増やすという利点があったのだなあと思います。
    大人になってからだとなかなか難しくなりますね。
    ながきちくんのペンケースとお洋服は、何も考えずに別々に買ったものなのですが、偶然同じ柄でした。
    かぱきちくんの言葉遣いは他の子と少々異なる部分があるので、分かりやすいかもしれません。
    PRのところに出てくるかっぱさんのイラストは、我が家も気になっていました。フリッカのかっぱさんの雰囲気がありますね。

    v-457カッパーマンさん
    シナダの子たちってそれぞれ皆見た目が全く異なるので、タグを見てようやく同じ出身地だと分かりました。
    控えめな表情のこのおさるさんたちは控えめに商品棚に乗っていたせいで他の人の目には留まらなかったのでしょうか、おかげで大家(妻)が連れ帰ることが出来ました。
    ビックカメラではぬいぐるみも売っているんですね。
    今年はひつじさんたちの代りにおさるさんたちが積まれていたのでしょうか。
    PR欄のかっぱさんは前から気になっていました。なんでかっぱさんなのかが気になるところです。

    v-457がっぱあやさん
    シナダのサイトには既に載っていないこのおさるさんたちが申年に我が家に来てくれたのは、まさに奇跡と言えるかもしれません。
    半額になるまで残っていたのも、ただの偶然でしょうか。
    のほほんとしたお顔なのも、我が家の間借り人たちと共通しているように思います。
    PR欄のかっぱさんをクリックするとブログ書籍化のページに飛ぶようですが、どうしてかっぱさんなのかが気になるところです。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する