お茶のお祭りへのお出かけ

先日のこと、我が家は今年もまた狭山市役所で開催された狭山新茶と花いっぱいまつりへとお出かけいたしました。

今回のお供は、つむ三兄妹です。

201605020011.jpg
会場には狭山市のキャラクター、おりぴぃが来ていて、子供たちに囲まれていました

会場では、地元の子供たちが淹れてくれた狭山茶を、無料で飲むことが出来ます。

201605020051.jpg
つむじろう「のどかわいた~」
つむみ「このおちゃあたしがのむ~」
つむた「ぼくものむ~」

去年は、市役所敷地内に植えてあるお茶の葉っぱの茶摘み体験をしましたが、今年は我が家は参加しませんでした。

201605020061.jpg
つむ三兄妹「おちゃっぱ~」
「ちゃつみする~」
「でももうおわってる~」

市庁舎内では、煎茶道の松風流と方円流による茶席が設けられていたので、両方とも参加しました。

20160502002.jpg
松風流の茶席

20160502004.jpg
方円流の茶席

他に庁舎内では、琴の演奏や日本茶の手もみの実演が行われていました。

20160502003.jpg
職人さんたちの作業を、会場に来ていた子供たちが好奇心に満ちた目で見つめていました

会場でお茶を買った時にもらう番号札による抽選会が、閉会30分前から行われました。

一昨年は我が家は武蔵野うどんのお食事券が当たり、去年は何も当たりませんでした。

最近、家のテレビの調子が悪いので、今年は一等の液晶テレビが当たるといいなと期待しましたが、我が家の持っていた番号札の二つ前の番号を持っていた女子高生に、二等の折り畳み自転車が当たりました。

幸福の女神は、今年も微笑んでくれませんでした。

帰途に着きながら、狭山市駅近くのスパイスガーデンというインド料理屋で夕食を食べることにしました。

20160502010.jpg
我が家が店に入ると、店内はほぼ満席でした

数種類あるディナーセットの内、サラダ、スープ、カレー1種類、ナンかライスひとつという内容で、一番リーズナブルな価格のAセットを頼みました。

20160502007.jpg
チキン&ほうれん草カレー

20160502008.jpg
日替わりカレーのチキン&アスパラガスカレー

カレーの辛さは5段階から選べ、ひとつは中辛、ひとつは大辛にしましたが、調子に乗って大家(妻)が頼んだ大辛は少し辛かったようです。

こういうお店でカレーの辛さが選べる場合には、普通の辛さは日本人向けにマイルドになっていると思われるため、そのひとつ上の辛さを選ぶのが一番いいのかもしれないと、勘の悪い大家夫婦もそろそろ気付き始めました。

20160502009.jpg
無料クーポンでもらったマンゴーアイス

無料でもらったマンゴーアイスが、その辛さを中和してくれたようです。

こうしてこの日は終わりました。

Comment

  • 2016/05/03 (Tue) 20:52
    がっぱあや - URL

    おぉ、去年のお茶摘み体験からもう一年・・・
    さらに、おうどんやさんのお食事券が当たった時から
    もう2年も経つだなんて・・・時の流れの速さにビックリしますe-274
    つむ三兄妹、せっかくつむつむ出来るいい機会だったのに
    もう終わっちゃっていたのですね、残念~~~
    そんな中、ふたつの流派の茶席に御参加e-423
    これはあの茶道とも違うものなのでしょうか
    なんだかお湯飲み一杯のお茶飲むのも緊張して
    逆にのどが乾いちゃったりしちゃいそうです・・・
    そんな佳き日のしめくくりは、美味しいお料理でe-343
    私は大の辛党なので、そして刺激物が大好きなので
    辛ければ辛いほど嬉しい派なのですが
    実際、現地のカレーというのはそう辛いものではないと聞きますし
    カレー=辛い食べ物ではなく、美味しく頂ける範囲をというのを守って
    節度ある辛さを求めていきたいと思っております(ん、なんのこっちゃe-330

  • 2016/05/05 (Thu) 09:29
    カッパーマン - URL

    つむ三兄妹がお出かけの狭山茶のお祭り、
    前回のお祭りから1年たつのが早いですね。
    お茶っ葉の上にわさわさ乗ってるみんなが可愛いです。
    茶葉をもむ動作、テレビで見たことがあるんですが、
    本当に見事ですよね。
    見物のおこちゃまたちもひきつけられたことでしょう。
    夕食のカレー、緑色が凄いです!

  • 2016/05/09 (Mon) 16:08
    hashsh - URL

    v-463がっぱあやさん
    無心で挑んだ一昨年の抽選に意外にも当たってしまったため、もしかしたら今回は、と毎年来るようになってしまいました。
    茶摘みをしたかったつむ三兄妹は、その小さなお手々をお茶の木の上でぱたぱたさせていました。
    煎茶道は抹茶を使った茶道とは別のもので、30以上の流派が存在するようです。
    お茶の淹れ方を見ていると、普段の我が家のお茶の淹れ方がいかに適当かが分かりました。
    現地のカレーはそれほど辛くはないのですね。
    考えてみれば、向こうでは毎日のように食べられるカレーがすごく辛かったら、大変なような気もします。

    v-463カッパーマンさん
    今年ももうこの季節になったのかと思うと、年々時間の進むスピードが速くなっているような気がします。
    お茶の上でお手々をぱたぱたさせていたつむ三兄妹は、いつか茶摘みをしたいと思っているようでした。
    会場を訪れた子供たちが、茶揉みしている職人さんの手つきを見よう見まねで、同じ台の上で茶揉みをしているのがかわいらしかったです。
    最初、ほうれん草入りのカレーを見た時には、緑色と言うそれまで見たことがないような色をしていたのでびっくりしました。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する