さわやかな空気を感じる場所へのお出かけ(その4)

前回の続きです。

ヴィラ・アフガンを後にして、先ほど駐車場で写真を撮った山梨県立まきば公園へ少し寄りました。

20160516001.jpg
ここからの景色もいいです

20160516005.jpg
柵の中には、何やら遠くにうごめく姿がありました

20160516002.jpg
うごめいたものの正体は、うさぎさんと

20160516003.jpg
やぎさんと

20160516004.jpg
ひつじさんでした

更に遠くの別の敷地の中からはモォ~という声が聞こえてきましたが、そちらに寄っていると時間がかかりそうなので今回は諦めて、まきば公園を後にしました。

この日泊まる宿のチェックイン時刻も迫って来たので、途中で何か所か寄りながら宿を目指します。

20160516006.jpg
JRの鉄道最高地点を通って

20160516007.jpg
野辺山高原の平沢峠に着きました

日本列島の地質構造を表す言葉に「フォッサマグナ」というのがありますが、その存在を思いついたのは、明治時代にドイツからやって来たお雇い外国人で、1875年にこの平沢峠を訪れたハインリッヒ・エドムント・ナウマン博士です。

20160516008.jpg
ここからの眺めを見て「フォッサマグナ」を思いついたようです

ちなみに平沢峠は分水嶺にもなっていて、ここに降った雨は太平洋側と日本海側に分かれるようです。

201605160121.jpg
分水嶺ごっこをしている大家(妻)

また平沢峠には、獅子岩という何やらゴツゴツした小高い岩の塊がありました。

20160516009.jpg
小高い丘になっている獅子岩

獅子岩の名の由来は、遠目からだと獅子が横たわっている姿に似ているからのようです。

平沢峠の駐車場のすぐ脇にある獅子岩には歩いて登れるようなので、大家夫婦も登ってみました。

201605160101.jpg
獅子岩の頂上を征服した間借り人たち

201605160111.jpg
獅子岩頂上からは、一昨年に我が家が行った野辺山天文台の電波望遠鏡が見えました

20160516013.jpg
平沢峠駐車場で記念写真に納まる間借り人たち

平沢峠を下りて、今日の宿に向かいました。

201605160141.jpg
宿の部屋で、今日の出来事について話し合っている間借り人たち

この日の夕食は、地元の野菜や地場産の肉を使った宿のメニューです。

20160516015.jpg
季節の小鉢3品

201605160161.jpg
岩魚お刺身

201605160171.jpg
ニジマス塩焼き

201605160181.jpg
滋養鳥トマトソース煮イタリアン風

20160516019.jpg
小鉢うどん

201605160201.jpg
自家製パンナコッタ、アイス、果物などの甘味

食事をし終えると、料理長が各テーブルに挨拶に来てくださいました。

山菜類は料理長が毎日宿の周囲の山に採りに行っているそうで、この時期はニョロニョロしたものにも出くわすことも多いとのことでした。

こうしてこの日は終わりました。

20160516021.jpg
ベッドの上でくつろいでいる間借り人たち

(次回へ続きます)

Comment

  • 2016/05/17 (Tue) 22:47
    がっぱあや - URL

    フォッサマグナなんていう単語・・・何十年ぶりに耳にしたことでしょう!
    ハッキリ言ってどんな意味なのかは忘れかけておりましたが
    このように現地にて目で見て確認するとより身近に感じられるというか
    (まぁ、それ自体、見えるものではないんですよねe-330
    これぞ課外授業の醍醐味といったところでしょうか~
    あの大家(妻)さんのポーズも大変わかりやすく勉強になりましたe-343

    そして今宵の宿でのお楽しみ・・・豪華な夕食タイムe-420
    岩魚のお刺身やらニジマスの塩焼きだなんて、そのお宿泊だからこそ
    頂ける山の恵みといったところでしょうか~

    そして満ち足りた気分でベッドでくつろぐ間借り人さんたち
    ・・・って、何と皆さん、お行儀がよろしいのでしょう!
    朝起きたら普段着慣れない浴衣が大変なことになってた・・・
    なんてことになる方々はこの中にはいらっしゃらないことでしょう、きっとe-399

  • 2016/05/18 (Wed) 11:23
    hashsh - URL

    v-463がっぱあやさん
    現地で地図を見ていてたまたま見付けた平沢峠にフラフラと何も考えずに行ってみたのですが、まさかこのような重要な場所だったとは思いませんでした。
    現地の食材を使った料理は、普段食すことがないようなものが出てくるので、なかなか興味深いですね。
    朝起きたら普段着慣れない浴衣が大変なことになっているのは、他でもない大家夫婦だと思います。

  • 2016/05/19 (Thu) 22:02
    カッパーマン - URL

    あっ、ひーちゃんが、こんな所に!
    うさぎさん、やぎさん、ひつじさん、緑の中でノンビリしてますね。
    「フォッサマグナ」、高校の地学の授業で聞いたような…。
    分水嶺ごっこをしている大家(妻)さんが素敵です。

    夕食では、いろんなメニューにうれしそうなみんなが可愛いな~。
    山菜類は、料理長自ら周囲の山で採取されてるんですね。

    ベッドの上で枕を囲んでいるみんな、
    楽しい一日を終えてぐっすり眠れたことでしょう。

  • 2016/05/20 (Fri) 09:49
    hashsh - URL

    v-463カッパーマンさん
    我が家のひーちゃんも毛を刈られると、こういう風になるのでしょうか。
    他に牧場にはうさたんのお仲間もいたのに、この時うさたんは車の中でお留守番していました。
    事前に何も知らずにふらふらと訪れた平沢峠だったのですが、よく耳にするフォッサマグナと関係があったとは思いもよりませんでした。
    宿の夕食では、おいしそうなものを目の前にしたぶうたんのお鼻やうさたんのお耳はぴくぴくしていました。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する