さわやかな空気を感じる場所へのお出かけ(その5)

前回の続きです。

翌日の宿の朝食はシンプルな洋食でした。

201605180011.jpg
サラダ

201605180021.jpg
パン

201605180031.jpg
おぼつかない手でナイフとフォークを使いハムエッグを食している大家(妻)

オレンジジュースは搾りたてな感じでなかなかおいしかったです。

20160518004.jpg
部屋に戻ってから、昨日ヤツレンで買ったグルメ濃密ヨーグルトを食すことにしました

201605180051.jpg
チーズケーキのような濃厚な食感が特徴です

ただし、グルメ濃密ヨーグルトはプレーンタイプで味がないので、大家(妻)は朝食のパンに付いてきたジャムを部屋に持ち帰り、それを付けて食べていました。

20160518006.jpg
チェックアウト前、部屋からお外を眺める間借り人たち

宿をチェックアウト後、今日の主な目的地へと車で向かいながら、

20160518007.jpg
雲がかかっているのは南アルプスでしょうか

途中で昼食を食べにおっぽに亭こっこというお店に寄りました。

20160518011.jpg
おっぽに亭こっこ

このお店は、養鶏と耕作を組み合わせた有畜複合農業を行っている白州郷牧場の食事処・売店で、そこの鶏舎で採れた卵を使った卵かけごはんが名物となっています。

また卵以外にも、鶏肉、野菜、味噌、麹、赤米なども牧場で生産しているようです。

ちなみにお店の名前にある「おっぽに」とは、この辺りの方言で「たっぷりと」という意味のようです。

さて、お店の食事メニューは卵かけごはんとカレーのふたつがメインなので、それぞれひとつずつ頼むことにしました。

201605180081.jpg
「鶏汁」定食

201605180101.jpg
新鮮な卵を興味深そうに見つめる間借り人たち

「鶏汁」定食は、卵かけごはん、鶏団子と季節野菜の汁、漬物の定食です。

201605180091.jpg
白州鶏カレー

白州鶏カレーは、白州で育てられた鶏と季節の野菜を使った甘口で子供たちでも食べられる手作りカレーです。

ちなみにこのカレーには自家製麹を使ったノンアルコールの甘酒が付いていました。

卵かけごはんとカレー、どちらの食事メニューもなかなかおいしかったです。

さて、昼食後はこの日の主な目的地に向かいました。

20160518012.jpg
着いた場所は、サントリー白州蒸留所です

1973年に開設されたサントリー第2のこの蒸留所は、標高700mと世界でも稀な高所にあり、約82万平方メートルある広大な敷地の森では、バードサンクチュアリを設置した愛鳥保護活動や森林保護まで行っているという、何とも壮大な場所です。

201605180131.jpg
みんな「ことりさんいいこいいこ~」
「いっしょにあそぶ~」
「うふふふ、ぷらんぷらん~」

蒸留所の敷地には、一般の観光客でも入れる施設がいくつかあり、

201605180241.jpg
ファクトリーショップ

20160518023.jpg
レストラン

201605180141.jpg
ウイスキー博物館

また、有料・無料の工場見学やガイドツアーも行われています。

自宅であらかじめネット予約していた我が家は、まず無料の南アルプスの天然水ガイドツアーに参加しました。

20160518015.jpg
ウイスキー博物館内の待合スペースで、ツアーの説明を受けます

201605180161.jpg
この回のツアー客全員でバスに乗り込み移動します

20160518017.jpg
敷地内にある天然水の工場に着きました

20160518018.jpg
ここで行われている作業の説明を受けたり、箱詰めラインの見学をしました

ここで驚いたのは、衛生面からか、ミネラルウォーターを詰めるペットボトルまでこの工場で作っているということでした。

20160518019.jpg
再びバスに乗り込み、ツアーのスタート地点へ戻ります

20160518020.jpg
ファクトリーショップと同じ建物内にある、ガイドツアー試飲会場へ入ります

201605180211.jpg
ここで、ミネラルウォーターの特徴などの説明を受けました

20160518022.jpg
南アルプスの天然水やヨーグリーナ&天然水などの試飲が出来ました。ローストナッツやチョコレートのおつまみ付きです

こうして、まず南アルプスの天然水ガイドツアーを体験しました。

(次回へ続きます)

Comment

  • 2016/05/21 (Sat) 20:49
    がっぱあや - URL

    白州・・・なんか見聞きしたことのある名だなぁと思ったら
    あのサントリーウイスキーの『白州』だったのですね
    それが実際にある地域の名だとは、初めて知りました~
    食事処でのカレーにも甘酒が付くとは、お酒の街なのですね
    否・・・ここは酵母の街と言うべきでしょうか

    ・・・となるとやっぱり外せない蒸留所見学e-343
    お酒造りの見学も楽しいものですが、天然水工場見学とは珍しいですよね
    なんだか身近なもののルーツに触れられるような気がして・・・
    見学にも熱が入りそうですe-271

    ところで、天然水はまさにここから汲みあげられているということでしょうか
    美味しいと評判の良いヨーグリーナもこちら生まれだったとは~
    このような嬉しい試飲会付きで美味しい思いをした後は
    たちまちサントリー商品びいきさんが出来上がっていたりしてe-274

  • 2016/05/21 (Sat) 21:25
    カッパーマン - URL

    みんなの注目を一身に集める、ヤツレンのヨーグルト!
    これから始まる一日にワクワクしてる様子が可愛いです。
    白洲鶏カレーは、お野菜も添えられていてヘルシーな感じですね。
    がまみちゃんが生卵にドボンしそうでちょっとハラハラしました。
    「サントリー白洲蒸留所」、とても空気が良さそうな場所で、
    ちいさい子たちもくつろいでますね~。
    「南アルプスの天然水」、イメージだけのネーミングじゃなく、
    本当に自然豊かなこの場所で、汲まれているんでしょうか。
    ヨーグリーナは美味しくて、ついごくごく飲んでしまいます。

  • 2016/05/23 (Mon) 18:50
    hashsh - URL

    v-463がっぱあやさん
    白州というよりも、山梨県全体がワイン等の街と言えるかもしれません。
    豊富な地下水がアルコール作りに適しているのだと思います。
    お酒造り見学には年齢制限がありましたが天然水見学にはなかったので、子供たちはヨーグリーナをがぶがぶ飲んでいました。
    我が家はこれまでウイスキーはほとんど飲んだことがなかったのですが、今回の見学で少し興味がわいてきたような気がします。

    v-463カッパーマンさん
    ヤツレンの濃厚な食感のヨーグルトは病みつきになります。
    また是非買いに来ようと思います。
    鶏カレーにトッピングされている野菜は揚げられていて、それがちょうどいい食感のアクセントになっていました。
    この工場の自然を目にすると、天然水のさわやかなイメージのネーミングにも、更に説得感が増してくるような気がしました。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する