黒くて甘くてお得なもの

201606010011.jpg
うりくん「これなんだろう?」

201606010021.jpg
うりじろうくん「こげてるみたい~」

201606010031.jpg
うりざぶろうくん「これなんてかいてあるのかなあ?」

お散歩中の我が家のうり三兄弟がコタツテーブルの上に見付けたものは、

201606010041.jpg
桔梗屋の切黒棒でした

GWで桔梗屋本社工場に行った際、アウトレットで半額で買ってきたものです。

20160601005.jpg
原材料は小麦粉、赤糖、上白糖、黒砂糖、黒蜜、鶏卵、水飴、膨張剤などです

原材料の内の赤糖というのは初めて知りましたが、上白糖やグラニュー糖よりも精製度を抑えたものを一般的にそう呼んでいるようです。

201606010061.jpg
みんな「なんだかおいしそう~」
「ぼくたちいろ~」
「こっちにまだたくさんある~」

大家(夫)は九州の郷土菓子の「げたんは」というのが好きで、これもそういう感じのお菓子だったのですが、口の中に入れるとすう~っと溶けていくような軽めの食感に仕上げられていました。

原材料に色んな砂糖が使われていることから分かるようにとっても甘いので、食べる時にはお茶が必須かもしれません。

Comment

  • 2016/06/04 (Sat) 13:59
    カッパーマン - URL

    「こげてるみたい~」と、うりじろうくんの素直な感想通り、
    うりくんたちに似た色の美味しい物の中でも、
    これはちょっと色が濃いですね。
    赤糖というのは私も初めてききました。
    アウトレットでお買い得の大袋、まだたくさんあるから、
    みんな安心ですね。

  • 2016/06/06 (Mon) 11:39
    hashsh - URL

    v-465カッパーマンさん
    うりくんたちは、このお菓子の色ほどではないにしても我が家に来た当初はもっと色が濃かったように思うのですが、間借り人たちも年齢を重ねているということなのでしょうか。
    赤糖というのは今まで気付かなかっただけで、結構色んなものに使われているのかもしれません。
    それにしても、アウトレットだとついあれこれ買ってしまいがちになるので、必要ですね。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する