ずるずる食べられるおいしいもの

先週末の晴れて暑い日のこと、我が家は車でお墓参りに行きました。

お墓参りに行く度、以前から気になっている食事処があったのですが、いつもは営業時間を過ぎてしまっていて入れなかったところ、この日は時間内に間に合ったので思い切って入ってみることにしました。

20160713003.jpg
こじんまりとした和風建築の食事処です

20160713004.jpg
さなぶりという手打ちうどんのお店です

店名の「さなぶり」とは漢字で「早稲饗」と書き、田植えが重労働だった昔、地域のみんなで協力してそれぞれの田植えを終えた後に開かれたお祝いのことを言うようです。

さて、我が家が店内に入ると、地元の方たちと思われる先客の方たちが食事をしていらっしゃいました。

ご店主と女将さんのご夫婦が、てきぱきと働いていらっしゃいます。

初めて入るお店で勝手が分からず少々挙動不審気味の大家夫婦でしたが、メニュー表を見ておそらくこのお店の売りであると思われる肉汁うどんと、夏季限定の冷汁うどんを頼みました。

すると、まずナスやキュウリの漬物、昆布煮などの入った小皿が運ばれてきました。

漬物には茗荷も使われていて、爽やかな風味が今の暑い季節にはぴったりです。

その後しばらくしてうどんが運ばれてきました。

20160713002.jpg
肉汁うどん

肉汁うどんは、豚肉などが入った温かいつゆ、うどん、かき揚げなどの内容です。

埼玉県のうどんは「武蔵野うどん」というゴツゴツゴワゴワした食感が特徴なのですが、このお店の手打ちうどんは軟らかめに仕上げられていて、ずるずると食せます。

20160713001.jpg
冷汁うどん

冷汁うどんは、キュウリや大葉などが入った味噌仕立ての冷たいつゆ(すったて)、うどん、かき揚げなどの内容です。

ちなみに埼玉県のこの辺りでは、ゴマと味噌をすり鉢で合わせ、それにキュウリ、大葉、茗荷などを加えて冷たい水で割った汁を「すったて」と言い、これにうどんをつけたりご飯にかけたりして忙しい農作業の合間の食事として昔から食されてきたようです。

201607130051.jpg
らいくん「おうどんおいしそう~」
かぱきち「きゃはきゃは、ぼくもたびる~」

今回お店に一緒に行けなかった間借り人たちも、うどんが食べたかったようです。

肉汁うどん、冷汁うどん共にお値段650円とお得なので、営業時間に間に合えばまた寄りたいと思いました。

Comment

  • 2016/07/15 (Fri) 21:31
    カッパーマン - URL

    このボリュームで650円は、なかなかお得だと思いました。
    宮崎にも冷汁があるのですが、うどんをつけて食べるのも美味しそうです。
    特に夏場はさっぱりツルツル食べられていいですね。
    時々おいちいものがうつる不思議なテレビ、
    かぱきちくんとらいくんが夢中になってる後ろ姿が可愛いです!

  • 2016/07/16 (Sat) 22:05
    がっぱあや - URL

    大家さんちのおうどんといえば『武蔵野うどん』がすぐに頭に思い浮かぶ私

    今回のおうどんは、その御用達うどんよりも厚みが薄いといいますか
    平たい感じの麺なのでしょうか
    つゆとの絡みもよさそうで、そのつゆも温・冷どちらも相性バッチリe-281
    九州人には、冷汁というと、カッパーマンさんの仰る通り、宮崎の郷土料理という
    認識があるのですが、そのタイプのお汁は、先人の知恵と言いますか・・・
    ところによっては名を変えて、全国に点在しているのかもしれないですね

    らいくん、かぱきちくん、お墓参りに行く楽しみが増えたんじゃあなぁい?
    御先祖様にご挨拶に行く機会がこれから増えるかも・・・ねe-284

  • 2016/07/18 (Mon) 13:53
    夫婦ともかっぱ - URL

    通好みな感じのお店ですね。夏季限定冷や汁うどん、おいしそうです。お留守番のみんなが連れていってもらうまで、通わないといけないかも。

    埼玉に「武蔵野うどん」というジャンルがあるとは知りませんでした。ゴツゴツゴワゴワした食感というのも一度味わってみたいです。

  • 2016/07/19 (Tue) 20:52
    hashsh - URL

    v-469カッパーマンさん
    ファミリーレストランだと、このセットで1000円ぐらいはしそうです。
    何を食べたら夏場の暑さをしのげるのか、日本各地で昔から色々工夫がなされてきたということなのですね。
    間借り人たちは、パソコンディスプレイはおいしいものが映るテレビだとすっかり思い込んでいるふしがあります。

    v-469がっぱあやさん
    このお店のうどんは、武蔵野うどんよりも一般的なうどんの形や軟らかさに近い感じです。
    食べやすさだとこちらの方がいいかもしれません。
    夏場をしのぐ冷たい食べ物のアイデアは、場所が変わってもだいたい同じようなものになるのかもしれません。
    間借り人たちは、既にうどんを食べる気満々になっているようです。

    v-469夫婦ともかっぱさん
    我が家も「武蔵野うどん」というものがこの辺りに存在していることを知ったのは、最近になってからです。
    武蔵野うどんを提供するお店は、まだそれほど多くないからかもしれません。
    地元ではうどんチェーンの山田うどんが一大勢力を誇っていますから。
    ゴツゴツゴワゴワした武蔵野うどんは、つるつるとすするよりももぎゅもぎゅと食べるという言い方が合っているように思います。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する