少しだけ北の方へのお出かけ(その1)

先週、遅い夏休みを取った我が家は、車で少しだけ北の方へとお出かけいたしました。

今回のお供は、さるみちゃんさるたんの小さいおさるさんたちと、夏が過ぎてからようやくお出かけすることになったなつきちくんなつじろうくんなつこちゃんなつにいたんです。

外環道から常磐道へと車を進め、途中の守谷SAに寄りました。

201609260011.jpg
守谷SA内のローソンで買ったLチキホットを前にして嬉しそうな間借り人たち

201609260021.jpg
Lチキホットはチリペッパーと唐辛子が使われて少し辛いのですが、そんなこと知る由もない間借り人たち

常磐道を途中で降り、車を東へと走らせます。

着いたのは、道の駅ならぬ空のえきそ・ら・らという施設です。

茨城空港のすぐ近くにあるこの施設には、レストラン、物産館、ホール、乳製品加工施設、市民が参加できる商空間「チャレンジショップ」などが集まっています。

そろそろお昼時だったので、ここで少しお腹に入れることにしました。

201609260031.jpg
チャレンジショップで買った常陸牛入り丼

チャレンジショップは、将来独立を目指す人が、地元の食材を生かした軽食の製造販売を行うスペースのようです。

豚丼、卵かけご飯、タルト、ヨーグルトその他諸々の軽食が販売されていました。

201609260041.jpg
物産館で買った鶏そぼろ丼とマカロニサラダ

物産館で買ったこれらは、どちらも中身ずっしりで食べごたえがありました。

食後は、そ・ら・らから車で数分の場所にある茨城空港に行ってみました。

元々航空自衛隊の百里基地だったこの空港は、2010年から民間との共用が開始されています。

20160926005.jpg
なつきち・なつじろう「ひこうき~」
「かっこいい~」

20160926006.jpg
空港敷地内には自衛隊のF-4戦闘機が展示されていました

201609260071.jpg
空港建物はコンパクトでこぎれいな感じです

2階建ての建物は、1階が発着フロア、2階がレストランや土産物、展望フロアになっていました。

20160926008.jpg
土産物屋にいた茨城県非公認キャラクターのねば~る君

旅客機の到着時刻が近かったので、展望フロアに出てみました。

201609260091.jpg
旅客機がやって来たのが遠くに見えます

20160926010.jpg
なつきち・なつじろう「ひこうきついた~」
「いらっしゃいませ~」

「春秋航空」の文字が機体にあったので、中国から飛んできたようです。

20160926011.jpg
タラップ車が付いて、お客さんたちが降りてきました

茨城空港からは、現在、札幌、神戸、福岡、那覇、上海への往復便が飛んでいるようです。

我が家からこれらの場所に飛行機で行きたい場合、渋滞の中、車を走らせなければならず高い駐車料金がかかり人がいっぱいで混雑する羽田や成田空港よりも、どうせ家を出てから空港まで同じくらい時間がかかるなら、渋滞もなく混雑もなくしかも駐車料金無料の茨城空港の方が、場合によってはいいかもしれないと思いました。

さて、次の目的地へ行くために、茨城空港を後にすることにしました。

201609260121.jpg
先ほど見た敷地内に展示されている戦闘機のお尻に、大家(妻)があるものを見付けました

20160926013.jpg
お顔が微笑んでいました

次の目的地は、業界1位の納豆メーカー、おかめ納豆で有名なタカノフーズの水戸本社工場です。

20160926016.jpg
納豆の工場見学に参加します

あらかじめ予約しておいた工場見学ツアーに参加し、納豆の製造工程を見てきました。

ちなみに、工場見学は写真撮影不可でした。

工場の建物から外に突き出した煙突からは湯気が立ち上り、大豆を煮ている香りが辺りには漂っています。

しかし、厳重に品質管理されているからでしょうか、納豆の香りは一切漂っていませんでした。

納豆菌をかけた煮豆をパック詰めし、発酵させるために温度と湿度が管理された貯蔵庫にしまうのですが、煮豆が発酵して納豆になる時に周りの酸素を奪うため、貯蔵庫で作業する人には酸素欠乏危険作業主任者という国家資格が必要なのは初耳でした。

工場見学の後は、3種類の納豆と2種類の豆腐の試食をしました。

20160926014.jpg
やわらか納豆とコラボしたはなかっぱのお皿に入ってみる間借り人たち

20160926015.jpg
おかめのおでこから顔をのぞかせる間借り人たち

ツアーの最後に納豆ふりかけをもらってタカノフーズを後にしました。

(次回へ続きます)

Comment

  • 2016/09/26 (Mon) 21:58
    まりもっち - URL

    ねばーるくんは茨城のキャラだったんですね。
    千佳が好きなのです。ふなっしーも好きらしい。
    はなかっば納豆はこっちでも売ってて爺が買ってきた時があります。
    かっぱの緑が眩しくて目に良さそうです。
    かっぱんはそんなに緑緑してなくて色褪せてるから

    一時期即席の納豆の味噌汁にハマりました。でもさすがに仕事中はまずい気がしてやめました。
    今はクノールのコーンスープにハマってます。
    納豆作るのに国家資格いるんですね!?
    煎餅作るのにも同じ様な酸素なんたらっての書いてあった気がした…

  • 2016/09/28 (Wed) 13:01
    hashsh - URL

    v-474まりもっちさん
    かわいいお顔をしているのに体がびょーんと伸びるねばーる君、間近で千佳ちゃんが見たらびっくりしてしまわないか心配です。
    ふなっしーも根強い人気がありますね。
    我が家のかぱきちくんも、当初と比べると体の色が薄くなってきたような気がします。
    クノールのコーンスープは、冬になると割引されているものをまとめて大家(妻)が買ってきたりします。
    煎餅工場でも同じような資格がいる場合があるんですね。
    発酵とかと何か関係があるんでしょうか。

  • 2016/09/30 (Fri) 09:35
    カッパーマン - URL

    大家さんちの遅い夏休み、なつなつきょうだいがお出かけしてる!
    みんなワイワイ楽しそうでいいなぁ。
    ちいさいこたちも、元気いっぱいですネ。
    鶏そぼろ丼の彩りの綺麗なこと・・・。

    茨城空港といえば、東日本大震災で建物が被害を受けた場所ですが、
    あれからもう5年半経つんですね。
    おかめ納豆、我が家でも納豆の中ではこれが一番人気です。
    最近は、におわないタイプが出ていて凄いと思いました。

  • 2016/10/06 (Thu) 14:28
    hashsh - URL

    v-474カッパーマンさん
    結局今年も泳ぎに連れて行ってもらえなかったなつなつ兄弟たちでしたが、お出かけしたらそんなことはすっかり忘れてしまったようです。
    東日本大震災では津波や原発の被害の印象が強いですが、茨城空港も被害を受けていたことはつい忘れがちになります。
    におわないタイプの納豆は、一体どんな仕組みになっているんでしょうか。
    ちなみに我が家はPBの納豆が多いです。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する