少しだけ北の方へのお出かけ(その3)

前回の続きです。

翌日の朝食は、宿のバイキング形式の軽食です。

20160930001.jpg
10種類程度のメニューと、ご飯、パン等の主食、コーヒー、紅茶、ジュースなどの飲み物を摂ることが出来ました

バイキングはとにかく全部食してみないと気が済まない我が家は、大家夫婦それぞれで違うものを取って来ました。

食後は部屋に戻ってチェックアウトのために荷物を整理しました。

201609300021.jpg
大家夫婦と写真に納まる間借り人たち

201609300031.jpg
その後、ベッドの上で最後のくつろぎをする間借り人たち

20160930004.jpg
みんな「おそとみえない~」
「くもってる~」
「まどあけて~」
「まどあかない~」

チェックアウトして宿を後にした我が家は、水戸に納豆を広めた元祖、水戸天狗納豆笹沼五郎商店に行きました。

20160930006.jpg
天狗納豆笹沼五郎商店本店

この建物の2階は、入場料無料の納豆博物館になっているため少しのぞいてみました。

20160930005.jpg
昔の納豆作りの道具などが展示されています

水戸天狗納豆の祖、江戸時代末期に生まれた笹沼清左衛門という人物が、近代的な納豆製造の事業化に成功。開通間もない頃の鉄道で偕楽園の梅を見に来る観光客に、駅のホームで納豆を売るという新しい販売方法で水戸の納豆を有名にしたそうです。

1階の売店でおみやげなどを少し買った後は、昼食のためにウオカネというお店に行きました。

20160930009.jpg
洋食屋ウオカネ

このお店は大盛メニューで有名だそうです。

しかし、食べ過ぎてお腹が痛くなってもこの後困ってしまいそうなので、とりあえずひとつはサラダやスープが付いて多少量が抑えられているワンプレートランチから、昭和のオムライスを頼みました。

201609300071.jpg
ワンプレートランチ・昭和のオムライス

抑えられているとは言っても、普通のオムライスの1.5倍以上はありそうです。

そしてもうひとつは、一品料理の¥700ナポリタンを頼みました。

201609300081.jpg
¥700ナポリタン

当初は看板メニューのひとつである昭和のナポリタンを頼もうかと思ったのですが、お店の人にどのくらいの量なのか訊いたら1.2㎏あるというので、それよりも少な目の¥700ナポリタンにしました。

少な目と言っても、重さ1㎏あるようです。

大盛メニューがウリなお店なため、食べきれない人のために持ち帰り用のパックが店内には用意してあり、我が家も最初はそれを使おうかと思ったのですが、結局もぎゅもぎゅと全部食べ切ってしまいました。

お腹一杯になった我が家はウオカネを後にし、この日の主な目的地である国営ひたち海浜公園に向かいました。

しかし、この日は台風が北上中だったため、海がすぐ近くにある海浜公園の方へ近付くにつれ、時折強い風が吹いたりにわか雨が降ったり止んだりし始めました。

何か所かある海浜公園の入り口のひとつに入ったところ、駐車場には車がほとんど停まっていません。

休日に挟まれた平日、しかも天気がこんな状態の中ここに来ようと思う人など、ほとんどいないと思われます。

風も雨もまだそれほどひどくはないため、我が家は入園料を払って出入り口ゲートから園内に入りました。

20160930010.jpg
風で倒れないよう、固定されていないパネルなどは既にあらかじめ倒してあるようです

大家夫婦よりも先に入園した人たちが何組かいたのですが、その人たちもとっくに先に進んでしまったのか、他に人影は見られません。

レインコートを着て、風で差している傘が飛ばされないよう注意しながら先に進みます。

今回この公園に来たのは、珍しい名前の植物が見頃を迎えている情報を大家(妻)が知ったためです。

20160930012.jpg
大草原広場のパンパスグラス

まずそのひとつ、パンパスグラスです。

20160930011.jpg
みんな「たなびいてる~」
「かぜつよい~」
「とばされちゃう~」

イネ科の植物のパンパスグラスの原産地は南米、ススキに似ていて高さは2m以上あります。

20160930013.jpg
みんな「きのこさん~」
「かわいい~」
「たべられるのかなあ?」

園内の茂みや芝の所々からは、謎のキノコが生えていました。

大草原広場を後にし、次はみはらしの丘へ向かいます。

20160930014.jpg
みはらしの丘ふもとにはゆるキャラの看板が立っていました

ふらりんともこ太という名のこの子たちは、みはらしの丘に生えているコキアという植物のキャラクターのようです。

原産地は南ヨーロッパのコキアの和名は「ほうきぐさ」といい、昔はこの茎を乾燥させてほうきを作っていて、その実は「とんぶり」という名で知られているようです。

秋になると紅葉するそうですが、少し時期が早かったのか、この日は一部が紅葉しているのみでした。

20160930017.jpg
みはらしの丘を麓から見上げる

みはらしの丘を、頂上まで歩道を歩いて上ってみることにしました。

周りに何も遮るものがないため、丘には海からの風が直接当たり、傘が飛ばされてしまいそうになります。

20160930015.jpg
頂上に着きました

風が強いので、傘を差したまま反対側を向くことが出来ません。

風に押されてここで転んだら、ころころと丘を下まで転がってしまいそうです。

20160930016.jpg
向こうの歩道の先に行くと鐘が立っていて鳴らせるようですが、強風で怖くて行けそうにありません

ほうほうの体で、大家夫婦は丘を下りました。

丘を下りると、風は遮られて少し弱まります。

20160930018.jpg
丘のこちらの面にはコスモスが植えられていました

20160930019.jpg
蕎麦が植えられている畑もありましたが、収穫にはまだ間があるようです

20160930020.jpg
ラベンダーらしきものも植えられていました

そうこうしている内に閉園時刻がせまってきたので戻ることにしました。

20160930021.jpg
出入り口ゲート付近から太平洋をのぞむ

他のお客さんはとっくに帰っていて、この出入り口ゲートから出たのは大家夫婦が最後だったようです。

ひたち海浜公園を後にし、この日最後に寄ったのは大洗港にある大洗リゾートアウトレットです。

着いたのは閉店時刻まで1時間半余り、平日でこんな天気なせいか客さんもほとんど見かけず、お店の人たちは手持無沙汰の様子です。

20160930026.jpg
大洗リゾートアウトレットのすぐそばの大洗港

20160930027.jpg
大洗港に立つ大洗マリンタワー

このアウトレットモールの中にある、ガールズ&パンツァーギャラリーに寄ってみました。

20160930025.jpg
ガールズ&パンツァーギャラリー

このギャラリーのテーマになっている「ガールズ&パンツァー」とは、「戦車道」という架空の武道をテーマにした大洗が舞台となっているアニメーション作品で、東日本大震災の翌年の2012年にテレビ放送され、去年には映画も公開されています。

今までこの作品のことをよく知らなかった大家夫婦だったのですが、最近、大家(妻)の知り合いが貸してくれたDVDを遅ればせながらも見ている内に面白くなりすっかり気に入ってしまったため、今回ここに立ち寄ってみました。

ちなみに、作品中にも出てくる毎年11月頃に開催されている大洗あんこう祭というイベントは、2011年の来場者数が3万5千人だったところ、放送された年は6万人と急増してからどんどん人が増え始め、去年は11万人にまでなったそうです。

20160930022.jpg
戦車とかに興味のない大家(妻)でも十分に楽しんで見ることが出来ました

20160930023.jpg
作品中にも登場する大洗町の実在する商店が色々と協力しているようです

20160930024.jpg
作品中のシーンを再現したジオラマも展示されていました

ギャラリー見学の後は、アウトレットモール内のまいわい市場という物産館で買い物をしました。

台風も近付いているし閉店間際なためお店の人からの無言の多少のプレッシャーを感じつつも、大家(妻)がのほほんと買い物を済ませてから、リゾートアウトレットを後にして帰途に着きました。

帰りは高速道路のSAで夕食を食べました。

20160930028.jpg
干物定食(あじ)

20160930029.jpg
大洗の干物定食(さば文化干し)

こうして今回のお出かけは終わりました。

Comment

  • 2016/10/02 (Sun) 11:02
    カッパーマン - URL

    少しずついろんなものを食べられる朝ごはん、
    そして記念写真、思い思いにくつろぐみんな。
    この日はがっつり盛られた洋食に、
    大変なお天気の中訪れて見た植物、
    最後は大洗に行って充実の一日だったようですネ。
    ナポリタンが銀色のお皿にのってるところがそれらしいです。
    コキアという植物、初めて知りました。
    にっこりもこ太ちゃん、少し憂いを帯びてるふわりんちゃん、
    このコロコロした植物が紅葉するのがなんだか面白いです。
    ガールズ&パンツァー、コラボ商品の充実ぶりが凄いですね。
    家の者もお気に入りで、模型のイベントに出店する時、この関連を出しています。
    夕食のお魚も美味しそう。
    なつなつきょうだいのみんな、ちいさいこたち、
    ちょっと遅い夏休みだったけど、いっぱい思い出が出来て良かったネ。

  • 2016/10/04 (Tue) 08:35
    がっぱあや - URL

    いやぁ、盛りだくさん食べだくさんの夏休みの旅でした

    やはり旅の醍醐味というのは、行き先々でどれだけ美味しい物に
    巡り合えるかにかかっていると思っておりますが
    もしかしてもしかしたら、今回の主役さんは・・・納豆さん?

    そしてあいにくのお天気の中訪れた海浜公園
    あの丸々としたコキアの群生がとってもかわいらしく印象的です
    もう少し季節が進めば、これが真っ赤に変わるのですね
    その様はきっとさぞかし情熱的な感じなのでしょう

    そしてガールズ&パンツァー!
    こちら以前、我が家の夫が録画にとっていたものを見た際
    その内容に衝撃を受けたものですが、もともとこのような世界が
    キレイではない私(むしろ心惹かれる方!?)
    何かの拍子ではまっていたことになっていたかもしれません~

    そして旅の〆は大洗での買い物と海の幸を堪能で
    きっと大家さん御夫婦&間借り人の皆の心も
    大洗いされたことでしょう~~~(失礼しましたe-330

  • 2016/10/06 (Thu) 15:06
    hashsh - URL

    v-474カッパーマンさん
    我が家もコキアという名前には馴染みがありませんでしたが、昔のほうきの材料になっていたり「とんぶり」はこれの実ということを知って、急に身近に感じられました。
    丘の斜面全体に植えてあるのが全部紅葉したらすごいことになりそうです。
    あまり天候には恵まれませんでしたが、間借り人たちはお出かけできて喜んでいたようです。
    そして、ワンフェスに出店なさっているのでカッパーマンさんのお宅もガルパンはご存知ではないかと、我が家も思っておりました。
    数年前に初めてワンフェスに行ってみた時、会場に実物大の戦車の模型が置いてあったのはガルパンがらみだったのだと、今更ながらに思い出しました。

    v-474がっぱあやさん
    納豆工場見学も、今回のお出かけの主な目的の一つでした。
    ちなみに、納豆の生産量日本一は茨城県なのですが、最近の消費量は福島県の方が多いようです。
    海浜公園のコキアが植えてある見晴らしの丘は、春にはネモフィラという青いお花が一面に咲き乱れるようなのですが、見物客でものすごい混雑らしいのでいまだに行けていません。
    ガルパンは、物語の設定やあらすじだけ知った時点では感じがつかめなかったのですが、DVD見てみたら、このピンチをどう乗り切るのか、どういう作戦で切り抜けるのかと、つい夢中になって見てしまいました。
    今回お出かけした間借り人たちの心も、大洗いされていつも以上に軽くなったようです。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する