最後にひとつ残っていたもの

20161104001.jpg
ながきち「うえ、みえない」

いつものように我が家をパトロール中のながきちくんでしたが、高くなったコタツの上をのぞくのは、胴長のながきちくんでも無理なようです。

しかし、心配は無用のようです。

201611040021.jpg
ながきち「いすがあったからのってみる~」

20161104003.jpg
ながきち「うふふふ、うえみえた~」

20161104004.jpg
上が見えるようになったながきちくんの目の前には、

201611040051.jpg
箱の中身が最後の一本となったものがありました

まだ夏の暑い頃に買って食し、最後の一本になったまま数か月間冷凍室の中に放っておかれたものは、井村屋宇治抹茶金時でした。

20161104006.jpg
数か月間にわたる冷凍室の開け閉めの温度差により、霜が付いてしまいました

201611040081.jpg
かぱきち「きゃはきゃは、おいちいもの~」
ながきち「かぱきちくん、いつのまに~?」

ながきちくんの背中を上って、いつの間にやらかぱきちくんも来ていたようです。

暑さが過ぎてからめっきりアイスの消費量が減った我が家でしたが、寒くなったらなったで、コタツに入ってまたアイスを食べる機会が増えるような気もします。

Comment

  • 2016/11/04 (Fri) 21:07
    まりもっち - URL

    やはりながきちくんでも届かなかったのですねe-330
    でもそこは頭のいいながきちくんだけあってあるものを使って器用にこなしています。
    かっぱ色のアイス美味しいですよね♪ 抹茶大好きです。飲むのもアイスとして食べるのも・・・。
    私は今日二階の冷蔵庫にミカンがあるのに、忘れててまた買ってきてしまいましたe-350
    青カビさんが生える前に食べてしまわないと・・・。
    それにしてもかぱきちくん体操の選手になれそうなくらいバランス感覚いいですね。

  • 2016/11/05 (Sat) 21:35
    カッパーマン - URL

    高さの増したコタツですが、この椅子を使うと、
    ながきちくんもちゃんと届いたようでほっとしました。
    我が家もアイスを食べる頻度が減りました。
    冷蔵庫の麦茶も減らなくなり、熱いお茶にシフトです。
    夏の忘れ物のような一本の宇治抹茶金時。
    ながきちくん、かぱきちくん、見つけられて良かったネ。

  • 2016/11/06 (Sun) 11:02
    がっぱあや - URL

    うふふ・・・おこたでアイスの美味しい季節となりましたe-343
    早速、パトロール開始したながきちくんでしたが
    あぁあ・・・伸びたこたつの背は、非情にもながきちくんを
    悩ます結果となってしまいました
    でも、すぐさま文明の利器(!?)を使って、解決法を探る
    ながきちくんは、やっぱり・・・カッコイイ~~~e-420
    その一本だけ残ったかっぱ色アイスは、この時の為に
    優しい優しい大家さん夫婦がながきちくんの為に
    とっておいてくれたものだね、きっと
    頭使って身体使って見つけたアイスの味は
    さぞかし格別だったことでしょう~~~ねe-281

  • 2016/11/07 (Mon) 11:53
    hashsh - URL

    v-476まりもっちさん
    ながきちくんが一人で色々できるのは、胴が長いため他の子よりも高いところから広範囲を見渡すことが出来るからでしょうか。
    我が家は最近買ってきたみかんをカビが生えないよう冷蔵庫にしまっておいたのですが、水分が抜けるためか最後の方になると皮の表面がシワシワになってしまいました。
    みかんは出来るだけ早く食べるのが一番なのかもしれません。
    かぱきちくんのバランス感覚がいいのは、いつもころころごっこをしているせいかもしれません。

    v-476カッパーマンさん
    他の子だと椅子の上に更に黄色いクッションが必要ですが、ながきちくんはこれだけで十分なようでした。
    我が家の冷蔵庫にはまだ麦茶が入っていますが、減り方がだいぶゆっくりになりました。
    かといって麦茶を作らなくなると、熱いものを食べる時に飲みたくなったりするのでしばらくは必要かもしれません。
    しもしもになって忘れ去られていた宇治抹茶金時も、ようやくその生を全うすることが出来たようです。

    v-476がっぱあやさん
    今まで上が見えないことなどなかったので、初めの内はながきちくんも戸惑っていたようですが、無事解決できたようです。
    せっかく見付けたアイスの箱の中にはたった一本しか残っていませんでしたが、ながきちくんはがっかりすることもなく喜んでおりました。
    この後、かぱきちくんと二人で分けっこして食べたようです。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する