何とか飲めるようになったもの

201706090011.jpg
うり三兄弟「このくさみたいなのなにかなあ?」
「こげてる~」
「でもなんかいいかおりする~」

我が家の小さい子たちが、お皿の中にある焦げた草のようなものを見付けたようです。

201706090021.jpg
それは、自家製手もみ茶でした

先日、狭山茶摘みフェスタで手摘みしてきたお茶の葉を、家で飲めるように加工したものです。

20170609005.jpg
会場ではお茶づくりの説明書などを配布していました

20170609006.jpg
毎年のように挑戦していますが、なかなか納得のいくものが作れません

今回は、全部で400gほどお茶の葉を摘んできたのですが、それを電子レンジやフライパンを使って温めて手もみし、最終的に飲めるように加工するまで3時間半ぐらい時間がかかりました。

20170609004.jpg
何とかお茶の色が出るようにまでなりました

201706090031.jpg
うり三兄弟「どう?みえた~?」
「もうちょっと~」
「とどかない~。でもいいかおりする~」

背が届かなくて中をのぞけなかったうり三兄弟でしたが、お茶のいい香りを感じることは出来たようです。

お湯を注いでからしばらく放っておかないと飲めるような濃さのお茶が出ませんが、薄くて飲めないというわけではなく、ちゃんとした色のお茶が出るようになりました。

Comment

  • 2017/06/10 (Sat) 21:53
    がっぱあや - URL

    普段、何気なく飲んでいるお茶(緑茶紅茶その他諸々含めて)ですが
    美味しいお茶が手軽に飲めるようになるまでには
    大変な手間と労力がかかっているんですよね・・・
    と、いつも大変な思いで手もみ作業をなさっている
    大家さんの様子を拝見して、改めて思います
    そんな数年越しのキャリアをもって臨んだ今年の出来は
    こちらから見る限りなかなかのものではないのでしょうか
    だってお茶らしいお茶色してますし、うり三兄弟君たちも
    いいにおいがすると証言しておられるしe-423

    年に何度かもうちょっと回数があれば、ますます腕も上がって
    いくのでしょうけれど、新茶の採れるこの時期限定イベントですものね
    あ、この感覚、何か分かってきたみたい~と思っても
    また一年後となると振り出しに戻っちゃう、みたいな・・・

    こうなったら日本各地のお茶処を巡られるというのはいかがでしょうか
    是非とも目指して下さいませ、お茶の自給自足生活e-399

  • 2017/06/12 (Mon) 15:42
    hashsh - URL

    v-464がっぱあやさん
    毎年手作りでお茶作っているのに一年経つとすっかり忘れてしまっていて、火の入れ過ぎで一部のお茶を焦がしてしまいました。
    来年もまた同じことを繰り返してしまうのでしょうか。
    市販のお茶よりもかさがあるので、たくさん急須に入れないとちゃんとした濃さが出ないのは、手作りならではかもしれません。
    手作りでお茶作らなくて済むのだったら、茶摘み巡りするのも面白そうですね~

  • 2017/06/12 (Mon) 16:33
    カッパーマン - URL

    焦げた草、うりくんたちの率直な感想ですが、
    これは、おおやさんが3時間半もかけて、
    ここまでたどり着いた貴重なお茶の葉!
    なんだか格別な香りと味の一杯になりそうです。
    力を合わせてるうりタワーが可愛いなぁ。
    狭山茶、掛川茶、川根茶、八女茶に知覧茶、
    ビタミン、テアニン、カテキン。
    お茶のきれいな緑色はなんだかほっとしますネ。

  • 2017/06/14 (Wed) 13:02
    hashsh - URL

    v-464カッパーマンさん
    去年は熱し過ぎて焦がしてしまったので今年は注意しようと思っていたのですが、今回もまた同じことをしてしまいました。
    一年経つと感覚をすっかり忘れてしまいます。
    積み重なって頑張っていたうり三兄弟でしたが、お茶の綺麗な色は見ることは出来なくても香りで満足したようでした。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する