FC2ブログ

すてきなおうたをきいてきたの

先日のこと、我が家は車で埼玉県にあるステラタウン大宮に行ってきました。

今回のお供は、小さな小袋に一緒に入っていていつでもお出かけする準備万端なちびすけくんちびこちゃんです。

さて、この日の午前中からここでは、「泣ける音楽祭2018春」と称して県内の小中学校や高校の合唱部が参加するイベントが開催されていました。

イベントの最後を締めくくるのは、「ショッピングモールの歌姫」と称されるシンガーソングライターの半﨑美子さんのミニコンサートと、彼女と今回の参加校の合唱部による合唱です。

20180331160042.jpg
最後を締めくくる半﨑美子さんとの合唱に備える若人たち

プロ歌手との合唱は彼らにとって貴重な体験になったに違いありません。

イベント終了後は、ショッピングモール内を見て回って少しだけ買い物をしました。

その後、帰途の道すがら、三宝亭というお店で夕食を食べました。

20180331215703.jpg
三宝亭与野本町店

新潟県発祥のこのお店は、酸辣湯麺と全とろ麻婆麺が名物のようです。

初訪問の今回は、全とろ麻婆麺とクリーミーな自家製芝麻醤が特徴の担々めんを注文しました。

201803312137091.jpg
ちびすけ「おとうふいっぱい~」
ちびこ「おいしそう~」

全とろ麻婆麺はとろとろ仕立ての麻婆豆腐がかかっていて、結構ピリッと辛い本格中華風の味付けでした。

201803312137211.jpg
ちびすけ「もやしのっかってる~」
ちびこ「 こっちもおいしそう~」

担々めんは芝麻醤によるクリーミーなスープがなかなかおいしかったです。

ちなみに東京・目黒にある新潟三宝亭東京ラボ中目黒店では、麺が冷めにくいように新潟県燕三条製の中空二重構造ステンレス製丼が使われているようです。

ひとつ6千円程度するらしいその丼にも何となく興味を惹かれます。

この後はそのまま帰宅し、こうしてこの日のお出かけは終わりました。

Comment

  • 2018/04/03 (Tue) 10:32
    がっぱあや - URL

    最近、音楽を聴くことで涙腺が刺激されるようになってきた私・・・
    このような題名が付いていたら、会場に足を踏み入れた時から
    グズグズいってしまいそうで、危険ですe-330
    そしてその後のお楽しみは・・・美味しい時間e-399
    全とろ麻婆麺・・・全とろとは何ぞやと思いきや
    全部とろとろ・・・の意、なのですね
    お腹の中からあったまれること間違いナ~シ
    さらに担々めんもクリーミーさが際立って美味しそう~
    ちびすけくん&ちびこちゃん・・・ひょっとして辛党ぴろー!?
    しかし、ただでさえ冷めにくそうな構成のスープたちですが
    それが特製ステンレス製丼に入るとどうなるのか・・・う~ん、楽しみe-343
    こりゃ是非とも、現場検証?よろしくおねがいしまっすe-281

  • 2018/04/04 (Wed) 13:11
    hashsh - URL

    v-461がっぱあやさん
    イベントでは卒業や春をテーマにした歌が合唱されていたようで、この種の歌は胸にこたえるものがありますね。
    麻婆豆腐自体がとろとろしているのに「全とろ」とあえて付けている所に、このメニューの特徴がよく表れているような気がします。
    小さな子たちはおいしいものは辛くても甘くても何でも好きなようですが、今回の辛さには少しびっくりしていたようです
    目黒のお店の方にも興味があるので、いつか行ってみようと思っています。

  • 2018/04/04 (Wed) 14:26
    カッパーマン - URL

    ちびすけくんと、ちびこちゃん、おにいさんおねえさんたちの歌を、
    聞きに行ったんですね。
    合唱部というと、全国コンクール目指して、
    生徒さんたちもすごくガンバッていることでしょう。
    お出かけの帰りには、晩ご飯も食べられて、ふたりとも良かったネ。
    ドボンしたら大変そうですが・・・。
    500mlの真空ステンボトルでも2000円以上するけど、
    丼が存在するとは、初めて知りました。

  • 2018/04/09 (Mon) 17:29
    hashsh - URL

    v-461カッパーマンさん
    コンクールでもないこのような場所での合唱は、生徒さんたちにとってもいい経験になったに違いありません。
    小さい子たちは今にもドボンしそうな勢いでしたが、かろうじて抑えることが出来ました。
    ステンレス丼はたまたまこの日見たテレビで紹介されていたのですが、丼にこれほどの値段をかけるとは、お店の料理に対する自信や地元企業への愛着が感じられました。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する