小江戸へのお出かけ

先日の日曜日、我が家は小江戸・川越へとお出かけいたしました。


今回のお供は、お出かけは久しぶりのぱれっとくんぱれっとちゃんぱれきちくんです。



ぱれっとくん「おでかけひさしぶり~」
ぱれっとちゃん「あたしも~」
ぱれきちくん「どこいくのかなあ」


17日、18日の2日間にわたって開催されていた川越まつりの、2日目を見に行きました。



みんな「くるまびゅんびゅん~」
「はやいね~」
「そうだね~」


午後の2時から川越市役所前で山車の揃い曳きが行なわれるので、それまでの間、川越の一番街(蔵造り)の辺りをウロウロしていました。


準備中の山車

一番街は大混雑です

川越のシンボル・時の鐘



ぱれっとちゃん「そふとおいしそう」
ぱれっとくん「いもそふとだって」
ぱれきちくん「ふたつのいろあるね」


暑さで溶けかかっている上の写真のいもソフトは、普通のいもとむらさきいもの2種類のミックスタイプです。


14時から、山車の揃い曳きが始まりました。


川越の山車は全部で29台あり、毎年その中から15台ほどが巡行するとのこと。


続々と山車がやって来ました

交差点ではその時に応じて互いに道をあけます

山車の上がするすると上がり、更に人形が出てきます



山車の囃子台ではお囃子と舞が行なわれています


山車の上層部分と人形は迫り上げ式のエレベーター構造、お囃子が演奏する囃子台は、山車同士がすれ違う時にそれぞれを向かい合わせるため、360度水平方向に自由に回転できるようになっています。


揃い曳きが終わった後は、昼食を食べに行きました。


鐘つきうどん・きんちょうといううどん・そば屋です。


いもきしめんちらし

いも五色うどん


それぞれの麺にはいもが練りこんであり、普通のうどんとちょっと違う色をしていました。


その後、菓子屋横丁へ行きました。



菓子屋横丁


いもスティック

たこ焼きをえびせんで挟んだ
たこせん


そして、和菓子の老舗、龜屋でちょっとお菓子を買って帰途に着きました。



天明三年(1783)創業です


この後夜からは、山車の曳っかわせが行なわれるのですが、それを見る体力は既に大家夫婦には残されておりませんでした。


山車の前に佇む大家(妻)

菓子屋横丁で買った日本一長いふ菓子を手にしている大家(夫)


Comment

  • 2009/10/19 (Mon) 19:50
    がっぱあや - URL

    あいや~、パレット兄弟が集まると、これまた楽しげでいいですねe-343
    川越って最近のドラマでも登場していたようですが
    昔ながらの佇まいが多く残っているところなのですね
    そして、山車の揃い曳き~
    お人形様も登場して、見応えタップリですね(その分、凄い人e-315
    そして、ここはお芋の産地でもあるのでしょうか
    いっぱい並んだお芋料理ですが・・・やっぱりマキマキソフトが食べたいなぁ
    極め付けが、最後の大家さんたちのお姿!!
    うふふ・・・最近、この姿も抵抗無く感じられるようになりましたe-281
    いつか、人ごみのなかでこんなかっぱさんに出会うことがあったなら・・・
    躊躇無く、大家さ~んと駆け寄っていきますから~e-274

  • 2009/10/19 (Mon) 20:40
    カッパーマン - URL

    私も川越といえば、朝の連続テレビ小説が記憶に新しいです。
    川越は、電車の乗換えで時々行ってたんですが、お祭りのことは知りませんでした。
    こんなに人が集まるなんて!山車も、なかなか迫力ありますね。
    お出かけの楽しみといえば、おいしいもの。お昼ごはんも、おやつも、いいですね~。
    ぱれっと三兄弟の、小さな甲羅や、あんよの裏が、もうほんとに可愛くてたまりません。

  • 2009/10/19 (Mon) 20:51
    まりもっち - URL

    うちもてのひら3兄弟がいるのでパソコンの横に座らせて一緒にみています。うちも女の子が一人で後二人は男の子です。
    なかなかの迫力ですね。おいも三昧です♪
    ちょっとしもぶくれなかっぱ妻さんが可愛いです

  • 2009/10/20 (Tue) 09:34
    hashsh - URL

    v-34がっぱあやさん
    川越の駅周辺は、昔ながらの街並みを多く残しています。
    また、江戸時代に庶民の間で流行した焼き芋の原料として川越のさつまいも(川越いも)がもてはやされたこともあり、この辺りはその産地として有名になったようです。
    マキマキソフトには、ほのかにいもの風味が感じられました。
    最後のかっぱの絵のように、大家夫婦はのほほんと街中をうろついていますので、すぐに分ってしまうかも~

    v-34カッパーマンさん
    街中には、連続テレビ小説のポスターがいたるところに貼られていました。
    同じ埼玉県の秩父夜祭ほど有名ではありませんが、川越まつりも大家夫婦の地元では根強い人気があります。
    ぱれっとくんたちは、広めのおでこに日光を浴びあんよをぷらんぷらんさせながらお祭りを楽しんでいたようです。

    v-34まりもっちさん
    我が家のぱれっとくんたちはお座りしている時、ちょっと下が揺れるとすぐにころんと転がってしまいます。
    まだお座りが下手なお年頃なのでしょうか。これから段々と上手になっていくのかもしれません。
    お祭りの山車は広場目がけて何台もやって来るので、周りは大変な混雑でした。
    しもぶくれかっぱのように実際の大家(妻)もしもぶくれなのかどうかは・・・ナイショです。

  • 2009/10/21 (Wed) 19:18
    夫婦ともかっぱ - URL

    西武線沿線に住んでいるときに
    行こう行こうと思っていてついに行けなかった
    川越祭り。手のひらちゃん3人の瞳を通して
    拙宅の手のひらかっぱ・ぱこへ伝わり、
    現在ぱこが3人の感動をみんなに
    つたないことばで必死に説明しております。
    やっぱりお祭りは華やかでいいですね。
    お祭りのときではありませんが、川越にでかけたまぁが、
    菓子屋横丁のお写真をみて懐かしがっております。

  • 2009/10/22 (Thu) 10:27
    hashsh - URL

    v-34夫婦ともかっぱさん
    我が家は割りと近くに住んでいながら、川越まつりに行ったのは十年以上前と今回の2回だけでした。
    同じ手のひら同士、ぱこちゃんにもすぐに感動が伝わったのですね。
    お菓子いっぱいの菓子屋横丁では、まぁちゃんのきらきらお目々の輝きも更に増しそうですね。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する