近付くと自動的に光るものふたたび

梅雨明け間近な我が家の辺りは、今日は晴れて暑くアイスでも食べたくなるような一日でした。


そんな中、我が家のちびかぱ兄弟が、おやつを探し求めてコタツの方へとやって来ました。


201007160011
ちびかぱ(兄)「おやつ~」
ちびかぱ(弟)「あいすたべたい~」


そんなふたりは、コタツの近くに見慣れぬ細長いものを見付けました。


201007160021
ちびかぱ(兄)「これなあに?」
ちびかぱ(弟)「あいすかなあ?」


それは、冷たくておいしい棒アイスではなく、先日電器屋に行った時に蛍光灯と一緒に買ってきた、暗いところで自動的に光るセンサーライトでした。


20100716003
前に買ったものとは違うタイプです


前にも同じようなセンサーライトを買いましたが、それは大家(妻)の実家で使うため、我が家用に買ってきました。


今度のも電池式です。


我が家の玄関には、天井に電灯はありますが窓がないため外光がまったく入らず、電灯をつけないと真っ暗なので、これを壁にでも取り付けてみようと思いました。


これもセンサーが内蔵されていて、センサーモードに設定すると、暗闇でライトに近づくと30秒間点灯します。


20100716004
単三電池三本で作動します


20100716005
「センサー」が自動点灯モードです


20100716006
「センサー」に設定し、暗い所に置いてみました


201007160071
近づいていくと



ちびかぱ(兄)「ひかった~」
ちびかぱ(弟)「あかるい~」



ちびかぱ(兄)「うえ、まだほこりいっぱい~」
ちびかぱ(弟)「おそうじ~」


コタツのヒーターのほこりをまだ掃除していないことに、ちびかぱ兄弟に気付かれてしまいました。


関連記事

近付くと自動的に光るもの

Comment

  • 2010/07/16 (Fri) 22:00
    カッパーマン - URL

    まっくらの暗闇に、ポッと灯りがともると、すごーくホッとしますよね。
    ちびかぱくん兄弟も、センサーライトが、
    ちゃんと光るのを確認して、安心したことでしょう。
    あ、我が家もホコリ…掃除しなくては!

  • 2010/07/17 (Sat) 07:12
    まりもっち - URL

    ちびかぱくん兄弟はもう電池の入れ方(どっちがプラスか)はマスターしたよね。これから電池交換係だねi-236
    ホコリかぁ~ 家は油断するとすぐに蜘蛛の巣が張っています 
    どこから侵入するのか蜘蛛本人も居ます  
    幸いちっこいのですが、でっかいのは自分では捕まえられません。

  • 2010/07/17 (Sat) 09:05
    hashsh - URL

    v-278カッパーマンさん
    外から帰ると、玄関から上がらないと天井の電灯のスイッチが押せないので、自動的についてくれるこれは便利です。
    ちびかぱ兄弟は、ドキドキしながらライトに近付いていました。
    コタツの掃除はやらなければと思いながら、結局冬までほったらかしになりそうな気がします。

    v-278まりもっちさん
    電池には入れる方向がある、ということに、ちびかぱ兄弟は気付いたようです。
    我が家でも、部屋の中で蜘蛛を見かけることが時々あります。
    風に乗って洗濯物についたり、飛ばされて部屋に入った小さな蜘蛛が、そのまま家の中で成長するのではなかろうか、などと思っています。

  • 2010/07/17 (Sat) 11:30
    がっぱあや - URL

    ちびかぱ兄弟殿、新たなる設置工事お疲れ様です!
    今回も無事に成功してなによりでございます
    そのセンサーが光る様はまるでちびかぱ兄弟の
    お皿がピッカリと光っているように見えとります~
    うふふ・・・かっぱ政府から環境に優しいエコ住宅として
    表彰される日も近いかもe-420

  • 2010/07/18 (Sun) 07:40
    hashsh - URL

    v-278がっぱあやさん
    設置工事も二度目なので、ちびかぱ兄弟もだいぶ慣れてきたようです。
    ぴろーちゃんたちのお皿からは、目に見えない光が実はいつも発せられているのかもしれません。
    このセンサーライト、常時点灯でも40時間もつようなので、電球のライトに比べるとかなりおトクかもしれません。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する