雅と古の都へのお出かけ(その6)

昨日の続きです。


大極殿を出た後は、何種類かのイベントが体験できる体験楽習広場へ行きました。


ここにある平城京なりきり体験館で、奈良時代の役人が書類を作成する時に使った木簡について学んだり、実際に墨と筆で作成したりする平城宮仕事体験をやってみることにしました。


 
当時の文房具の説明と、今回使う木簡



さるきち「それなあに?」
ちびかぱ(兄)「おえかきするみたい」
ちびかぱ(弟)「ふくろせまい」


渡された木簡に、墨を含ませた筆で文字を書きます。


当時日本各地から平城宮へ納められた特産物(今でいう税金のようなもの)には、中身が何であるかを示した木簡が付いていたそうなのですが、今回は自分の住んでいる場所や好きな食べ物等を書くことになりました。



木簡にかっぱを書き込む自由な大家(妻)


今回の木簡は長さ25センチ、幅5センチほどの大きさでしたが、平城宮跡から出土した実際の木簡は、長さ5センチ、幅1センチほどの非常に小さなものだそうです。


木簡を書く仕事体験の次は、平城宮で働いていた貴族の服装を着ることができる天平衣装体験をやってみることにしました。


今着ている服の上から天平衣装を身に着けると、当時の平城京の様子がリアルに描かれた仮想映像と合成して写真撮影してくれました。


 
笑顔がぎこちない大家夫婦


体験楽習広場を後にして、売店やレストラン、イベントが行われるステージなどがある交流広場へ行きました。


せんとくん

せんとくんのライバル
まんとくん

せんとくんの恋人候補
蓮花ちゃん

 



まほろばステージ(この日はイベントはお休みのようでした)


この日はせんとくんに会えそうもなかったので、パネルと一緒に写真を撮りました。


せんとくん 天平貴族

 


会場は元々公園のせいか閉園の時間が早く、この日は17時半に閉園だったので(時期によって違うそうです)、歩いて戻る時間を考えてそろそろ引き返すことにしました。


駐車場近くのエントランス広場にあるフードコートで、めはり寿司を食べてひと休みです。


 
ご飯には奈良漬が入っていました


その後、記念グッズショップで買い物をして、車に戻りました。



ぐずぐずしていたら、駐車場には我々の車だけになってしまいました


そして再び京都へ戻りました。



ダッシュボードの上で楽しそうな間借り人たち


レンタカー屋へ車を返した後、夕食を食べるために新京極にあるうなぎ専門のお店、京極かねよへ歩いて行きました。


ここでしか食べられないきんし丼が名物らしいので、それを頼んでみました。


これがきんし丼
器からはみ出しています
きんし玉子がド~ン! 玉子の下に
鰻があります



みんな「おおきいたまご~」
「うなぎ~」
「おいしそう~」



京極かねよ


そして、ホテルへ戻りました。



みんな「なにかのむ~」
「こおりしかはいってない」
「ほんとだ~」



みんな「むぎちゃ~」
「のむ~」
「おさらかわいた~」


 
ひと休みする間借り人たち


 
ライトを見上げてはしゃぐ間借り人たち


(次回へ続きます)


関連記事

雅と古の都へのお出かけ(その1)
雅と古の都へのお出かけ(その2)
雅と古の都へのお出かけ(その3)
雅と古の都へのお出かけ(その4)
雅と古の都へのお出かけ(その5)

Comment

  • 2010/09/01 (Wed) 20:02
    カッパーマン - URL

    「ふくろせまい」と言ってる弟クン、
    ありゃ、お顔がむにゅっ、ってなってますね~。
    でも、そんなお顔が、また可愛くて…。
    天平衣装での記念写真、なかなか素敵です!
    晩ご飯の「きんし丼」、卵が器からはみ出しているなんて、凄いです。
    ほんわり、ライトに浮かび上がるみんなの姿。
    この日も、充実した楽しい一日だったんですね。

  • 2010/09/01 (Wed) 21:47
    がっぱあや - URL

    平城京なりきり体験館・・・う~ん、とっても魅惑的な場所e-343
    日頃からかっぱを書き慣れている大家(妻)さん・・・
    木簡へなんの迷いなくサラサラと描かれている様はさすがです
    そしてなにより興味があるのが天平衣装e-420
    大家さん御夫婦がうらやましぃ~
    そして、記念写真に何気にせんとくんが寝そべっているところがミソでしょうか
    そしてぴろーちゃんも三人集まれば、賑やか賑やかe-282
    とっても楽しい旅の想い出がどんどんと増えていっていますね
    箸が転がってもおかしい年頃・・・といいますが、まさにその状態e-281
    やっぱりぴろーちゃんたちの活躍記は楽しいな~

  • 2010/09/01 (Wed) 22:39
    バンちゃん - URL

    なりきり体験、すごく楽しそうですね
    駐車場に一台だけ!って事は、みんなが帰った後まで思う存分遊んで、楽しい一日になりましたね
    「きんし丼」美味しそうですね
    何度も京都に行っているのに、京都で食事と言うと、錦市場で穴子一辺倒なのですが、今度行けたら、きんし丼に挑みたいです


    また「みんなの写真で作るぴろーちゃんカレンダー」をやりますから、ご協力いただければ幸いです

  • 2010/09/02 (Thu) 08:01
    まりもっち - URL

    みんな楽しそうですね♪
    大家(妻)さんが描くかっぱちゃんの絵はほんわかとしていて大好きです そういう性格の人私好きです
    きんし丼凄いですね~~卵いくつ使ってるのかな~
    ライトを見上げてはしゃいで今日一日のお話をしてるのかな?

  • 2010/09/02 (Thu) 11:11
    hashsh - URL

    v-383カッパーマンさん
    間借り人が3人入るには、この袋はちょっと小さいようです。どうしても誰かがふにゃっとなります。
    天平衣装体験は結構な人気で、子供のみならず大人も多かったです。
    きんし丼は、玉子だけでも結構お腹いっぱいになりました。
    ライトを見上げてはしゃいでいる間借り人たちは、ステージでスポットライトを浴びているような気分だったのかもしれません。

    v-383がっぱあやさん
    大家(妻)は、気が付くと家でもメモ帳に何の目的もなくかっぱを書いていますが、表情やポーズにバリエーションを付けられないことが、本人は不満なようです。
    天平衣装に身を包んだ大家夫婦、こっぱずかしさから、動きも表情もぎこちなくなってしまいました。
    間借り人たちは、我が家とは違う環境に置かれるだけで、何だか楽しくなるようです。

    v-383バンちゃんさん
    なりきり体験には、その他にも発掘体験というのもありましたが、時間がなかったので諦めました。
    閉園時間が近づいたら、あっという間に駐車場から車がなくなりました。まだ残っている観光客は、送迎バスで帰る人たちのようです。
    錦市場では穴子が食べられるのですね。この次京都に行った時に挑戦しようと思います。
    ぴろーちゃんカレンダー、今年も参加させていただきますのでよろしくお願いします。

    v-383まりもっちさん
    何でもないことでも、間借り人たちにとっては楽しくて仕方がないようでした。
    大家(妻)の書くかっぱのお顔は、初めと比べるとだいぶ変化してきましたが、自身の描写力のなさに本人は納得いかないようです。
    きんし丼には卵が3個使われているようですが、もっと使っているようにも見えます。

  • 2010/09/06 (Mon) 20:35
    夫婦ともかっぱ - URL

    かっぱがかわいい、かわいいと言っていたかっぱ♀の目が突然妖しく光りました。
    大家さんご夫婦が着ていらっしゃる天平衣装のせいなんです。
    コスプレ大好きなかっぱ♀は、こういう衣装を身に着けて町を歩くのをいつも夢みているんです。
    かっぱ♂はもちろんたいこもちや付き人役です。
    ふふふ、楽しそうなちびかぱくんたち、
    3人のはしゃぐ声が聞こえてくるかのようで
    思わず耳をすましてしまいました。

  • 2010/09/07 (Tue) 17:51
    hashsh - URL

    v-383夫婦ともかっぱさん
    大家(妻)は観光地でこういう衣装体験が出来るのを見つけると、着てみたい気持ちがムクムクとわいてくるようです。
    北海道のカナディアンワールドがかつてテーマパークだった時の衣装体験では、アンの衣装に身を包んだこともありました。
    間借り人たちはいつもと違う環境に身を置いているせいか、何でもないことでも楽しくて仕方がないようです。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する